• HOME
  • コラム
  • 骨折後のリハビリ・元通り動かない場合の対処方法のページ

骨折後のリハビリ・元通り動かない場合の対処方法

骨は完全に引っ付いたけど、元通りの動きが出来ない。リハビリがんばったけどこれ以上動きが良くなることはないのか。骨折は骨がくっつけばすべて元通りに戻ると思っている方も多くいらっしゃいますが、一筋縄ではいかない現状がリハビリ(機能回復)にはあります。

元通りにするにはどんなリハビリや治療が必要なのか?

今回はそちらを一緒に考えていけたらと思います。

骨折は骨が折れただけではない

骨折は一本の骨が二本や複数の骨片に折れる(別れる)ことを言います。

これは骨折を経験した方であればレントゲンを見られてお分かりだと思います。

ただ、骨折は捻挫の延長線上に発症する事はご存知でしょうか?

例えば手をついて手首周囲の骨が折れたとします。

その時、手を突いた衝撃により、手首周囲の靭帯や筋肉・腱も損傷を起こします。

その上で固定をするので、骨以外の患部の状況を見ることなく処置が進んでいきます。

骨折すると骨をくっつける処置のみが行われますが、リハビリで重要なことは骨の再生度合いと同等に周囲の靭帯や筋肉・腱などの問題が無いかを見抜くことが大切です。

骨がくっついたけど元の動きに戻らない理由はこういった所にもあります。

関節が元通りに動かないのは筋力低下のせいなのか?

病院でのリハビリは機能回復を目的として行っております。

機能回復を行う上で、ギプスやサポーターによる固定で起こる可動制限による筋力低下の問題があります。

その為、リハビリ早期から筋トレを積極的に行うケースもあります。

これは正解でもあり、不正解でもあります。

ただ、筋力低下が起こっているだけで、可動範囲も正常に改善している場合は筋トレの選択は間違っていません。

しかし、可動範囲が戻っていない状態での筋トレは過剰刺激により可動域が低下する場合もあります。

見た目的に、固定をすると健側を比べて細くなったので鍛えようとする気持ちは非常に分かりますが、今筋トレが必要な段階なのかをしっかり見極める事が大切です。

手術で固定したから可動域がもどらないってホント?

骨折による固定には、手技による整復術を行い固定する方法と、手術により骨折部の骨をプレートやボルトを使い固定する方法があります。

当院に来院される骨折の後遺症患者さんの殆どが手術による固定を選択した方ですが、皆さん一様に手術で固定したから動かないと思われています。

手術の固定の仕方にもよりますが、可動域が戻らないなんてことは考えにくいです。

手術をした方のリハビリでと、手術をしなかった方のリハビリの明らかな違いは手術痕の癒着です。

この手術痕の癒着により可動範囲が低下していることが多く、そこを取り除くと目に見える変化を感じてもらえます。

これは、骨折以外でも体に手術痕がある場合は癒着を取り切る必要があります。

骨折後のリハビリ・施術で重要なこと

  • 骨の治癒のみに捕らわれず、皮膚・軟骨・靭帯・筋肉・腱などの状態も確認する
  • 可動制限が何により起こっているのかを確認する
  • 筋トレの時期を明確に設定する

どんな施術を行うのか?

どこに原因があるかを特定してからの施術になりますが、患部だけ施術する場合もあれば発症原因により骨折部から少し離れたところを施術する場合もあります。

痛みが出るような施術はありません。

防御反応が高く、過緊張が残っている場合に少し痛みを感じる事があるかもしれませんが、1・2回目の施術で解消します。

この動きがもう少し出来たらいいのにそんな声にお応えします。

ご予約・お問い合わせは、今スグこちらへ!

電話番号 078-861-1151

お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

電話をかける
メールでのお問い合わせ

ページトップに戻る