• HOME
  • 手首の痛み・けんしょう炎
  • 手根管症候群・手首の痛み・しびれのページ

手根管症候群・手首の痛み・しびれ

手根管症候群
  • 痛くて育児や料理、買い物袋が持てない
  • 手のひらも、手の甲も痛くて、どうしたらいいか分からない
  • サポーターやテーピングで予防していたのに再発してしまった
  • 痛みだけだったのに、最近腕や指の痺れも感じる
  • 手首の腱鞘炎と言われたが、一向に良くならない

手根管症候群とは?

手根管とは

有鉤骨、月状骨、舟状骨、三角骨に囲まれ、豆状骨と舟状骨の間を横走する靭帯に囲まれた狭いスペ―スで、その中を4本の深指屈筋と浅指屈筋、および長母指屈筋、正中神経が通っています。

この狭いスペースに圧迫・摩擦・伸張・屈曲など様々なストレスが入り手根管内圧が上昇し、正中神経が絞扼されて発症する。絞扼性正中神経障害と言われている。
その他、神経の絞扼以外にも炎症による正中神経炎や屈筋腱の腱鞘炎、アミロイド沈着や浮腫などもある。

40~60歳代の女性に好発する。

その他にも妊娠後期の女性、人工透析患者にも比較的高頻度に見られる。
男性の場合、手作業をする労働者やパソコンをするデスクワークに多い

手根管症候群の原因

過度なストレス

手や指の過剰な使用により、屈筋腱腱鞘に炎症が起こります。

加齢による筋肉の衰え

筋力の低下や腱や腱鞘の水分量の低下に伴い、摩擦係数の増加や、筋肉による関節の保護機能が失われることで起こる。結果筋肉の癒着を起こし他の症状を誘発する可能性もある。

骨格の変位

橈骨遠位端骨折の変形治癒や手根骨・手部の骨折や脱臼、捻挫によって、腱の方法が変わり関節に過剰なエネルギーが溜まる事で発症します。

内分泌因子

妊娠後期や産後の育児、関節リウマチなどに伴う腱鞘炎などが代表的です。

内臓疾患

糖尿病や慢性腎不全などで、末梢神経が易損性となってる場合に発症しやすいです。

手根管症候群を自分で判断できる症状

自分で判断できる症状

手首の動作痛

立ち上がろうと手を床に付いたり、ドアノブを回すなど、手首を使う動作全般に痛みが出る場合もあれば、ある一定方向の動作のみ痛みが出現する場合もある。
痛みの場所は手首のみと考えず、腕や指に出ることもあるので、手首に痛みが無いからと安易に症状を放置しない事が重要です。

手首を動かさずとも荷物を持ち上げるなどの荷重をかけた時

荷重により、筋肉が収縮、それに伴い腱鞘も収縮する事で症状が出現します。両手で荷物を持つ時は大丈夫な場合や、片手である一定の重量以上になると痛みが出るなど、動作痛と同じように症状にばらつきがあります。

就寝時痛

症状の進行に合わせて出現する場合が多く、手首というよりかは母指、示指、中指の痛みや前腕の痛みを訴える場合が多いように感じます。

筋力低下

キャップを開ける、ボタンを締めるなどの細かく動かす時に力が入りにくい感覚になる場合があります。症状が片側の場合、悪くない側の手と比べると握力の低下や持久力の低下、母指が外に広がりにくいなどの症状に見舞われます。

手指のしびれ

手根管での正中神経の圧迫牽引により、感覚異常やしびれが出現します。
手の甲同士をくっつける動作(いただきますの反対動作)を1分ほどすると症状が強くなる場合があります。(正中神経圧迫テスト)

手根管症候群の一般的な西洋医学的アプローチ

整形外科

仕事を控えて安静に過ごす指導

整形外科的解釈では、炎症が大本の原因なので、炎症を軽減させる為に、運動禁止を支持することが多いです。
日常生活でも痛みを感じている場合は安静にすると言われても使わないと仕事も生活も出来ないと思われるかもしれませんが、原因を取り除く事が解決方法ですので、そのような指示が出ます。

テーピングやサポーターによる負担軽減

手首を固定する装具を装着することで、痛みが軽減する場合があり、仕事でどうしても重たいものを持たなくてはいけない人や、育児・スポーツを続けたい方に処方するバンドです。あくまで固定目的の為、動作には不向きです。
中には軽く巻いて楽だったのに、痛みが出現すると強く巻き直し、どんどんキツくしていかれる方もいますが、この対応は大問題です。
今後の施術に多大な影響がでますので、ただちに受診してください。

鎮痛剤(痛み止め)や湿布の処方

疼痛を主訴とする疾患では非ステロイド性抗炎症薬がよく用いられる。疼痛緩和目的に中枢性の筋弛緩薬が使用されることもあります。
湿布を貼る事で軽減する場合もありますが、今般的解決には全く至っていませんので、再発防止の為に受診する事をオススメしています。

ステロイドの局所注射

鎮痛の目的で局所麻酔剤を関節、腱鞘、滑液包などへ注入することがある。圧痛を示す部位への局所麻酔注射も行われている。非感染性炎症では副腎皮質ステロイドを用いることがある。著しい効果を示す事が有る反面、合併症(感染)などの危険な副作用(軟骨破壊や骨壊死)や後遺症に悩む場合もある為に、細心の注意が必要です。

手術

屈筋支帯切除、ガングリオンや滑膜炎の切除を行い腱や神経のルート確保を行います。
症状が無くなったとしても、手術後の縫合部分の張り感や、緊張感に悩まされる事がありますので、手術をお考えの場合は必ずセカンドオピニオンや整体へ事前に受診し、本当に手術が必要かを再度検査してもらって下さい。

手根管症候群に類似した症状がでる疾患

前骨間神経麻痺

前腕にある円回内筋、浅指屈筋、長母指屈筋などによる圧迫牽引や神経炎が原因と考えられています。
ご自身での鑑別は非常に困難なので、病院や整骨整体院への受診で原因を明確にして下さい。

円回内筋症候群

正中神経の本幹が円回内筋に入る部分での障害で疼痛と麻痺が出現します。手の平と甲を反復的に入れ替える運動をすると症状が強くなるケースが多いです。

尺骨神経管症候群

名前の通り尺骨神経管での尺骨神経の絞扼による圧迫牽引で起こる神経障害です。
手根管症候群と違い小指や薬指にしびれや痛み、感覚障害が出現します。

頚椎神経根症

ヘルニアや関節の変形などにより首にある神経が圧迫牽引されて発症します。

胸郭出口症候群

鎖骨と肋骨の間にある、筋肉(前斜角筋・中斜角筋・小胸筋)の中を通る神経や動脈が締め付けられたり、圧迫される事で発症します。
締め付けや圧迫が起こる部位で病名が変わり、胸郭出口症候群はそれらの総称名です。
症状としては手指のしびれ(特に小指側)、熱感・冷感、脱力感、首・肩・肩・肩甲骨・胸のうずくような痛みがあります。
圧迫部位によっては重苦感を感じる事もあります。

関節リウマチ

多発性の関節痛と腫脹を主症状とする原因不明の進行性炎症性関節疾患です。
手や足の小さい関節あるいは肘や膝関節などの疼痛と腫脹で初発し、次第に全身の関節を侵します。
当初は滑膜炎ですが、炎症が軽快と増悪を繰り返し、関節軟骨や骨が破壊され、関節の変形と機能障害を生じます。

上記のアプローチが有効でない場合

西洋医学が有効でない場合

上記で紹介した方法は、手根管症候群と診断をされたときに病院でよく提案される処置です。しかし、処置をしてもなかなか良くならずに、何ヶ月も、何年も治らない人が多くいます。

なぜでしょうか?

これらの方法は対処療法で手根管症候群の原因に対してアプローチしてないからです。

残念ながら、現代の最先端医療でも手根管症候群の原因や解決方法はまだ解明されておらず、一時的に痛みを改善することはあっても、根本的に治すことは難しいのです。

注射や痛み止めは、一時的に神経をマヒさせることで痛みが楽になりますが、痛みを感じなくなっただけで、改善したわけではありません。

「痛くない=改善した」ではないのです。

当院での手根管症候群に対する整体

施術

手首には非常にたくさんの骨と靭帯、筋肉があり、本来、脳の思うがままに動かす事が出来ます。その為には関節の動き、筋肉の柔軟性、神経の動きを三位一体で施術することにより可能にしていきます。

関節の可動域

手関節には橈尺関節や橈骨手根関節、手根中央関節、手根中手関節があります。その為、ただ関節が動くようになったとしても、その他の肩や肘の関節と協調して動かなければ、日々の動作でまた固まってきます。
当院では多関節を含めた腕だけでなく頚椎や腰痛、骨盤にも目を向け全身の関節の協調性を高めるアプローチを行います。

筋肉の柔軟性

動作をするうえで関節と同じように筋肉の動きも必要になります。炎症や微小断裂により緊張して動きが小さくなっている筋肉に直接的にアプローチし、関節の動きの邪魔にならないように安定させていきます。

神経の動き

神経については関節と筋肉の動きを改善させることで、殆どの場合は安定した状態に戻ります。中には不安から痛みが出るのが恐くて緊張状態を継続してしまう方もいらっしゃいますが、そのケアーも行っていますので何も心配いりません。

手根管症候群の施術を受けた方の喜びの声

何をしても痛かったのに、今はぜんぜん痛くない : 神戸市灘区

寺谷

右の手首が何をしても痛かったけど、先生のおかげで今ではぜんぜん痛くないです。肩もバキバキいってたけど、楽になりました~!
先生とのおしゃべりも楽しくて来院が楽しみの一つになりました!
本当にありがとうございます!!

※この体験談は個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

ご予約・お問い合わせは、今スグこちらへ!

電話番号 078-861-1151

お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

電話をかける
メールでのお問い合わせ

ページトップに戻る