• HOME
  • 肩の痛み・こり
  • 五十肩・四十肩・肩の痛み・肩周囲の痛みのページ

五十肩・四十肩・肩の痛み・肩周囲の痛み

【肩こり】重い荷物を肩にかける女性
  • 肩が痛くて服を着るのが大変
  • 夜の痛みが強くて、寝れない
  • 1年半以上肩の痛みに悩まされている
  • ストレッチやテーピングをしているが一向に改善されない
  • 40肩・50肩と診断受けたが、原因が分からない
  • 痛みは無くなったけど、肩が上がらない

「五十肩」と言う言葉は古くから用いられ、誰でも知っている言葉にもかかわらず、その意味は必ずしも明確ではないのが現状です。

この不明確さの原因はなんでしょう?

実はこの「五十肩」という言葉が医学的な疾患を表す為に作られた用語ではなく、ちまたの人々によって「五十歳ごろに生じ、肩を中心に、ときには腕まで広がる痛み」に対して用いられてきたことにあります。

現在でも五十肩という言葉の意味を100名に聞くと、おのおのが少しずつ異なった100通りの言葉が返ってきます。それほど五十肩は曖昧な言葉なのです。

五十肩とは?

五十肩は肩関節周囲炎と同義で用いられる場合があります。
西洋医学的定義として「原因が認めにくい」「肩関節を中心に痛みがある」「肩関節の運動制限」が該当するものを五十肩としています。

原因の認めにくい

原因や病態(病気の容態)が認められない疾患に対して、五十肩を言われています。
加齢による軟部組織(腱板・腱など)の退行変性(経年性変性)を基盤として、肩関節周囲に炎症を生じる事で、関節包が短縮して肩甲上腕関節の運動制限を生じると考えられています。
その他にも過去の怪我や損傷による後遺症などにより発症するとも考えられています。

五十肩と間違われやすい疾患

下記に上げられる疾患は五十肩と間違われやすい疾患ですが原因や病態が認められますので、五十肩と分けて考える事をオススメします。

腱板断裂

肩峰下滑液包と上腕骨頭の間を通り、肩関節を構成する骨頭を肩甲骨関節窩に安定させておく働きとともに動作の起点にもなる場所の断裂です。
脱臼などの外傷や運動動作、日常生活動作でも発症します。
五十肩と違い、可動制限が少ない場合が多く、手を横に90°広げた状態で維持し続ける事が困難で、腕を下方に軽く引くと肩が伸びる感覚に陥る場合があります。
レントゲンに映る事はなく、MRIにより発見されます。完全断裂の場合は手術適応になるケースが多いです。

石灰性腱板炎

その名のとおり石灰が肩関節腱板周囲に沈着することで発症します。
石灰の沈着原因については明らかでない事も多いですが、レントゲンに映ることにより診断されます。
激痛と関節可動制限が著名に出ます。西洋医学では自然治癒を促す処置か、手術による除去しかなく、余程の事が無い場合は自然治癒を待ちます。

変形性肩関節症

膝や股関節など下肢に比べると常に荷重を受けて生活していない肩関節は変形が少ない関節ですが、仕事の動作やスポーツにより変形を伴う場合があります。それ以外でも60歳を超えると変形を認めるケースもありますが、単独で発症することは少なく、上記の腱板断裂による関節の不安定性や過去の肩関節脱臼により発症すると考えられています。
症状は五十肩と同様ですが、レントゲンによる関節の変形が確認され、肩関節を動かす時に雑音を感じます。

変形性肩鎖関節症

変形性肩関節症と同様に変形の少ない関節ですが、60歳を過ぎると変形を認めるケースが多くなります。
五十肩と違い放散するような痛みは少なく、可動域制限も少ないケースが多く、圧痛が肩関節よりも肩鎖関節に強く認められます。レントゲンによる関節の変形が確認され、肩鎖関節上に軽く指を置いて肩関節を動かす時に雑音を感じます。
変形は無くとも肩鎖関節の可動制限は肩関節の機能に非常に強く関与して居ますので、施術の対象となります。

肩峰下インピンジメント症候群

肩峰下面と滑液包や腱板の間に生じるストレスにより発症します。
発症年齢が広く、野球肩や水泳肩、使い過ぎによるオーバーユース症候群でよくみられます。肩関節の動きと共に擦れた音を感じたり、肩を横からバンザイ(挙上)させていくと60~120°の範囲でのみ痛みを感じたり、他の角度より増強したりします。
レントゲンで判断する事は難しく、MRIにより発見されます。

肩峰下滑液包炎・腱板炎

肩峰下面と上腕骨頭の間にある腱板や滑液包にストレスが加わり炎症が生じ発症します。
単体で起こるよりも肩峰下インピンジメント症候群や腱板断裂、石灰性腱板炎と合併して起こります。

上腕二頭筋長頭腱炎

上腕二頭筋は「力こぶ」を作る筋肉で、上腕骨頭前面部分を通過して肩甲骨に付着しています。
その為、肩の動きに伴い長頭腱も一緒に動くわけですが、スポーツ動作や日常生活動作により過剰にストレスがかかり腱炎や腱鞘炎を引き起こします。こちらも単独損傷よりも、他の疾患と合わせてなる場合が多いです。
レントゲンで判断する事は難しく、MRIやエコーにより発見されます。
肘関節を延ばした状態で手のひらを天井に向けて肩を90°挙上させます。もう一人の方に挙上させた腕を地面の方向に押してもらいそれに抵抗するときに痛みが出る場合が多いです。

五十肩の典型的症状

50肩症状

痛みで寝れない

徐々に発病するケースが多く、痛みは寒冷時や夜間に強いです。横になって寝る事が困難な場合もあり、座って寝たり、睡眠不足に陥る事もあります。

腕まで痛みが放散する

肩から腕、肘まで痛みが放散します。
肩関節の緊張により、周囲の筋肉まで緊張し神経を圧迫牽引する為だと考えられています。

肩をすくめて挙上しようとする(肩すくめ運動)

肩関節、特に肩甲上腕関節の可動制限が著名なために、身体を捻ったり、肩甲骨を天井側に引き上げ、挙上の代償動作を行います。痛みが終息し、改善したと思っている方の中にこの代償動作が残っており、再発を繰り返す場合もあります。

痛くない側の腕で痛い側の腕を支える

痛みの感じ方には個人差が大きく、抜けるような痛みを訴える方、歩くときに腕がぶらぶらするだけでも痛いと感じる方もいらっしゃいます。そのような場合に腕を支えたり、ポケットに手を突っ込んで生活し痛みを軽減させます。

五十肩、1年半で改善説

五十肩になられた方で、処置をしなくても1年半程度で改善したとお聞きになられた方もいらっしゃると思います。
西洋医学的典型的回復周期は、「痙縮期」→「拘縮器」→「回復期」と分類され自然治癒することが多いと記載されています。しかし、実際に3年以上肩の痛みに悩まれている方の来院も多く、すべてが処置なしに改善する訳ではありません。

痙縮期

痛みの為に肩の運動が制限される時期
大多数の症例では、いつと決まった時期が無く、明らかな原因もなく発症する肩周囲の痛みで、痛みの部分を特定できない漠然とした痛みの場合が多いです。
痛みを感じだすと急速に増強し動作痛以外にも安静時に痛みを感じる場合もあります。肩すくめ運動もこの時期に発生します。

拘縮期

関節自体に拘縮が生じて運動が制限される時期
動作時の激痛や安静時痛が無くなります。固まっていた肩周囲の筋肉の緊張も緩和されますが、動作制限が改善されず不快感が持続します。
特に髪を洗う、背中を洗う、お尻を拭くなどの動作制限を感じます。

回復期

疼痛、可動域共に改善する時期
拘縮が徐々に改善してくることで疼痛や不快感が減少していきます。
可動範囲に関しては、自然治癒で痛みが無くなった後も完全に戻らないケースがあります。

五十肩の西洋医学的処置

整形外科

日常生活動作を控える指導

肩関節周囲のストレスを軽減する目的で安静の指導を行います。運動以外での肘関節の痛みに悩まされている場合には安静と言っても字を書いたり、荷物を持つ事が必要なために他の処置と併用される場合が多いです。

テーピングやサポーターによる負担軽減法

肩関節にかかる牽引力や圧迫力を軽減させる為に、上腕から肩関節上方にテーピングの処方や、肩関節の固定や腕の重さを軽減させる為にサポーターや三角筋を処方する場合があります。効果を感じる場合もあり、ご自身で出来るセルフケア―として考えられています。

ストレッチによる筋肉の緊張軽減

肩関節周囲の緊張を軽減させる目的で行います。
しかし、痛みが強くストレッチ動作がそもそも出来ない事が多いのが現状です。
回復期には可動範囲獲得の為、ゆっくり行っていくケースもあります。痛みを増強させる場合がありますので、ストレッチを行い際にはやり過ぎに注意し、痛みが増強するのであればストレッチの中止をオススメします。

患部へのステロイド注射

鎮痛の目的で局所麻酔剤を関節、腱鞘、滑液包などへ注入します。圧痛を示す部位への局所麻酔注射も行われており、非感染性炎症では副腎皮質ステロイドを用いることがあります。著しい効果を示す事が有る反面で、合併症(感染)などの危険な副作用(軟骨破壊や骨壊死)や後遺症に悩む場合もある為、細心の注意が必要です。
どうしてもと言われる場合には自己責任で、覚悟をもって行うべきです。

湿布や鎮痛剤(痛み止めの服用)

湿布や投薬で痛みを感じない状態にする事で精神的な不安と生活効率を改善します。
しかし、副作用が強く胃炎や全身のダルさに悩まされ、筋肉の硬化を訴える方もいます。
疼痛を主訴とする疾患では非ステロイド性抗炎症薬がよく用いられます、疼痛緩和目的に中枢性の筋弛緩薬が使用されることもあります。
湿布は痛みが足底の為なかなか貼る事が出来ませんが、有効な方法ではありません。
仮に症状が消失したとしても、根本的解決には全く至っていませんので、再発防止の為に受診する事をオススメしています。

手術

拘縮が強い場合に行われますが、かなり稀なケースです。腱板損傷や肩峰下インピンジメント症候群などの場合にも手術を適応します。

上記の治療方法が有効ではない場合

西洋医学が有効でない場合

上記で紹介した方法は、五十肩と診断されたときに病院(整形外科)でよく提案されるものです。
しかし、処置をしてもなかなか良くならずに、何ヶ月も、何年も改善しない人も多いのです。

なぜでしょうか?

これらの処置が対処療法で五十肩の原因となる身体の他の部位との関連性を見落として行っているアプローチしだからです。

残念ながら、現代の最先端医療でも五十肩の原因や処置方法はまだ完ぺきには解明されておらず、一時的に痛みを改善することはあっても、根本的に改善することは難しいケースもあるのです。

注射や痛み止めは、一時的に神経をマヒさせることで痛みが楽になりますが、痛みを感じなくなっただけで、改善したわけではありません。

「痛くない=改善した」ではないのです。

当院での五十肩に対する整体とは?

施術

同じようにスポーツを行っている人や、日常生活を同じように送っている人全員が五十肩に悩んでいる訳ではありません。
使い過ぎ以前に姿勢に問題があり発症する為、施術を行う事で改善させることが出来ます。
その為には関節の動き、筋肉の柔軟性、神経の動きを三位一体で施術することにより改善を可能にしていきます。

関節の可動域

肩関節周囲にはたくさんの関節があります。
その為、ただ関節が動くようになったとしても、その他の肘や手関節・肩甲骨と協調して動かなければ、日々の動作でまた固まってきます。
当院では肩関節を含めた上肢だけでなく骨盤や脊柱、頭蓋にも目を向け全身の関節の協調性を高めるアプローチを行います。

筋肉の柔軟性

動作をするうえで関節と同じように筋肉の動きも必要になります。炎症や微小断裂により緊張して動きが小さくなっている筋肉に直接的にアプローチし、関節の動きの邪魔にならないように安定させていきます。

神経の動き

神経については関節と筋肉の動きを改善させることで、殆どの場合は安定した状態に戻ります。中には不安から痛みが出るのが恐くて緊張状態を継続してしまう方もいらっしゃいますが、そのケアーも行っていますので何も心配いりません。

肩の痛み・こりの関連記事

ご予約・お問い合わせは、今スグこちらへ!

電話番号 078-861-1151

お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

電話をかける
メールでのお問い合わせ

ページトップに戻る