• HOME
  • スポーツの痛み
  • 腸脛靭帯炎・ランナーズニー・膝の外側の痛みのページ

腸脛靭帯炎・ランナーズニー・膝の外側の痛み

腸脛靭帯炎
  • 走ると膝の外側に痛みがでて、走り続けることが出来ない
  • 階段など段差の昇降でも痛みを感じるようになった
  • 中敷きやサポーターで軽減するものの、痛みは取れきれない
  • 安静にしていても走るとやはり同じ痛みがでる
  • どこに行っても診断は同じだが、改善しない

腸脛靭帯炎(ランナーズニー)とは?

ランナーズニーと呼ばれるように、ランナーが起こす膝痛の代表的疾患です。

摩擦が原因

骨盤から膝の外側に走る腸脛靭帯と大腿骨外側上顆の骨隆起とも間で膝関節の屈伸運動で生じる摩擦が原因となり炎症が起こるもので、使い過ぎが誘因となります。
摩擦の回数やどの程度の使い過ぎで発症するのかは個人差があります。

ランニングをしていない人でも発症する

昨今の登山ブームでランニングをしていない人にも多くみられるようになり、発症する年齢層も幅広いです。
その他、サッカー、バスケットボール、自転車、スキー、エアロビクスなどでも同様の症状が発症します。

腸脛靭帯炎(ランナーズニー)の原因とは

過度なスポーツによる使い過ぎ

大会前の追い込み期間や、スポーツを始めて間もなく頑張りすぎた方のオーバーワークで発症する事が有ります。

加齢による筋肉の衰え

年齢に伴う筋力低下はすべての人に起こります。
健康の為にと始めた事ですが、若いころの様に下肢に筋力が無いと膝の関節の安定性が悪く、摩擦も大きくなることで発症しやすくなります。

O脚・X脚による下肢軸のズレ

下肢軸のズレはランナーズニーに関わらず下肢の疾患では原因になり得る問題です。
筋力低下と同様に関節の安定性が悪く、摩擦を起こしやすい原因を作り出します。
実際に鏡の前に立っている時の下肢軸と歩く、走るなど動作時の下肢軸は違う場合が多く、靴の外側がいつも削れてしまう事で気にする方が多いです。

過去の怪我による関節位置異常

大きな衝撃が一度身体に入ると、関節はズレを起こします。
殆どの場合は、自然治癒力で関節の安定性も改善されるのですが、痛みはとれても関節のズレが残っている場合があります。
そのような状態が長く続くことで、腸脛靭帯の緊張が通常から強く、摩擦係数も多くなることで発症する場合があります。

腸脛靭帯炎(ランナーズニー)を自分で判断できる症状

ランニング時の痛み

発症当初は長距離走らないと出なかった痛みもどんどん短い距離でも痛みが出るようになり、痛みが無くなるまでに必要な時間も長くなっていきます。
痛みが出ることで、かばう事で他の部位の痛みを合わせて伴う事もあります。

膝を曲げる角度の減少

痛いだけでも不安なのに、摩擦の影響を強く受けると、靭帯の緊張や関節の安定性が崩れ正座や靴下を履く動作などに支障をきたしだします。
日頃の階段の昇降にもストレスを感じるようになり、ベッドで就寝時には力を抜いているにも関わらず、膝が完全に伸びきらないようになります。

太ももの外側の緊張の亢進

筋肉の緊張を必要以上に感じ、ストレッチするもなかなか緊張がとれなくなってきます。
入浴やマッサージで一時的に緊張が緩和する事が有っても、すぐに悪化するようになり、過剰ストレッチの原因にもなります。

いつも痛みを感じる部分の少し頭側を押しての屈伸

普段を感じるところ周囲を押すと痛みポイントがあります。
気になりどんどん押す方もいらっしゃいますが、摩擦と炎症を増加させるだけなのであまりお勧めしません。
チタンテープやスパイラルテープの使用が効果的に感じる方もいますが、変化を感じられない場合は継続しての使用を控えて下さい。

腸脛靭帯炎(ランナーズニー)の一般的アプローチ(西洋医学)

運動を控えるように指導する

整形外科的解釈では、摩擦が大本の原因なので、摩擦を軽減させる為に、運動禁止を支持することが多いです。
日常生活でも痛みを感じている場合は安静にすると言われても歩かないと仕事も生活も出来ないと思われるかもしれませんが、原因を取り除く事が解決方法ですので、そのような指示が出ます。

テーピングやサポーターによる負担軽減

痛みがあるけどどうしても運動を続けたい場合に、ご自身で出来るケア方法の最たるものです。
膝の安定性を高め、関節の方向性をサポートしてくれるので、痛みが軽くなったと喜ばれる方も多いと思います。
テーピングもサポーターもやってみて変化を感じない場合、使用後痛みが悪化した場合は状況を悪化させる可能性が有る為、使用を控える事をオススメします。

電気療法

音波やマイクロ波など整体で受けた事が有る方も多いのではないでしょうか?
筋肉や靭帯の緊張や腫れをとる為に使い方によっては有効だと思います。改善例もあります。人は沢山の細胞から出来ていますので、細胞へのアプローチは非常に有効だと思います。

ステロイド薬の局所注入

患部に注射を行います。この方法はあまりオススメしません。
副腎皮質ステロイドで検索すると色々出てきますが、患部に局所注射をしても全身にステロイドはめぐります。
そして、副作用がとても強いです。
どうしてもと言う場合には自己責任で、覚悟をもって行うべきです。

足底板(インソール)の使用

足首の回内(足裏が内側を向く)のような着地になると、腸脛靭帯に過剰ストレスが起こる為、インソールで強制的に小指側を持ち上げます。
原因が足首にある場合には、効果を発揮するかもしれません。

鎮痛剤(痛み止め)や湿布の服用

湿布や投薬で痛みを感じない状態にする事で精神的な不安と生活効率は改善するでしょうが、副作用が強く胃炎や全身のダルさに悩まされ、筋肉の硬化を訴える方もいます。
注射や投薬には必ず副作用がありますので使用には十分ご注意して下さい。

手術

摩擦を起こしている部分の開窓術や腸脛靭帯を延長して縫合する方法がとられる。

上記の西洋医学的方法で改善がみられない場合

上記で紹介した方法は、腸脛靭帯炎(ランナーズニー)と診断をされたときに病院(整形外科)でよく提案されるものです。

しかし、処置をしてもなかなか良くならずに、何ヶ月も、何年も治らない人は多いんです。

なぜでしょうか?

これらの方法は対処療法で腸脛靭帯炎の原因に対して施術してないからです。

残念ながら、現代の最先端医療でも腸脛靭帯炎の原因や施術方法はまだ完ぺきに解明されてはおらず、一時的に痛みを改善することはあっても、根本的に改善することは難しいのです。

注射や痛み止めは、一時的に神経をマヒさせることで痛みが楽になりますが、痛みを感じなくなっただけで、改善したわけではありません。
「痛くない=改善した」ではないのです。

当院での腸脛靭帯炎(ランナーズニー)に対する整体とは

_MG_2342

腸脛靭帯をやわらかくする調整

腸脛靭帯の緊張はランナーズニーの有無に関わらず、健康を維持する上では軽減させておく必要があります。
その為、腸脛靭帯と周囲にある外側広筋の癒着を取り除く事で、靭帯を軽減させます。

骨盤から足首までの骨格調整

骨格の歪みに対するストレスはあなたが考えている以上に、身体の中で痛みにつながります。
特に下肢軸のバランスは痛みをとるだけでなく、再発させない事を考えると非常に大切です。
骨格調整と聞けばカイロプラクティックの様に強く行うイメージかもしれませんが、そこまでしなくても安定しますし、弱い力だからちょっとした事でまた歪むと思われますが、むしろ逆で、動かすほどに安定していきます。

走り方や日常生活動作の改善

どんなに身体の状態が良くなっても、痛くてかばって走っていた時期と同じフォームは再発の大きな原因になります。
日常生活動作を含めて、問題のある動きを見つけ、痛かったことを忘れてしまう状態をアドバイスします。

腸脛靭帯炎(ランナーズニー)のストレッチ・ケア方法

腸脛靭帯のストレッチ

1.ベッドの端で横向きに寝ます。(膝の痛みがある側が天井側に来るようにしてください)
2.痛い側(天井側の脚)を後ろに引きベッドの端から床側に徐々に下ろしていきます。
3.伸びている感じがでる所で膝をしっかり伸ばし母趾を軽く床の方向に向けます。

ご予約・お問い合わせは、今スグこちらへ!

電話番号 078-861-1151

お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

電話をかける
メールでのお問い合わせ

ページトップに戻る