体験談

腰痛は冷やすべきか温めるべきか

患者さんの口コミや体験談200枚以上の中からテーマを絞って解説しています。

今回の体験談はコチラ

いつも行くところと違います。

まず「あたためて下さい」といつも言われていたのに、冷やすことにびっくりしました。

接骨院はこういうところといった概念がなくなりました。

腰痛もなかなか治らないのが一回でかなり改善しました。

遠いのですが、それでも通う価値はあると思います。

ありがとうございました。


体験談の記載ありがとうございました。

今回は「腰痛は冷やすべきか温めるべきか」です。

腰痛に関して冷やすべきか温めるべきか、議論は様々です。

湿布にも冷湿布と温湿布が存在しますが、どのような効果を体に与えているのかが重要です。

その為、ただ冷やす、ただ温めるだけの議論に答え無いと思っています。

極論では解決しない

腰痛をひとくくりにして考えるのではなく、体の状態を見ないといけませんが、腰痛は殆どの場合、温めたほうがいいです。

ただ、温める作業を何の為に行っているかです。

腰周囲には筋肉や関節、内臓や大血管もあり、温めることで何に作用しているのかを考えなければいけません。

「腰痛は炎症」と考えている方の中には急性期は冷やして、慢性期は温めると思っている人もいますが、そんな簡単なことではありません。

極論的に考えるより、温める事も冷やす事も体にアプローチする事は両極ですが、同じ効果がある事を知る必要があります。

体にもたらす効果

構造医学と呼ばれる学問では局所冷却が効果的という情報もあります。

どんな時でもまずアイシングです。

前記したように温冷の論議ではなくその先、体にもたらす効果について、その点は同じです。

人間の体には常に1気圧の大気圧がかかっています。

本来であればこの1気圧が体に万遍なくかかっていますが、体の状態により1気圧以上かかっていたり、1気圧以下になっています。

何故かと言うと全身が同じようにリラックスしていないからです。

体には歪みやねじれ、動作の癖などが存在し、生活環境も平屋からタワーマンションまで千差万別です。

その為、同じ気圧を受けているように感じてもリラックスして圧力を受けている部分と緊張して圧力がかかっている部分が存在します。

人間のストレスの影響は気圧の影響が非常に多く、多細胞生物の人間は60億個の細胞に対してコントロールする必要があります。

温冷論議の先にあるのは気圧のコントロールです。

気圧をコントロールする方法

気圧対策として簡単な方法は入浴と深呼吸です。

温める行為とは、水圧を使って気圧をリセットする入浴を指していると考えています。

その為、当院ではシャワー浴のみの方にも入浴を進めています。

腰痛に限らずオススメしていますが、捻挫など炎症がある関節部分でも関節内圧力が上がっていることが多いので、水圧により圧力を万遍なく当てて関節内圧力を正常に戻すサポートが出来ます。

これはコルセットやサポーターで固定するよりも、テーピングを巻くよりも圧倒的にリセットがかかりやすく早期改善に役立ちます。

普段の生活でも入浴すると緊張が抜けてほっこりするのは、体が温まっただけではなく、水圧により体の圧力に安定性をもたらす為です。

温冷の使い分け

今回の患者さんには冷却を勧めた理由は、腰痛の理由が広背筋の肉離れだったからです。

患部だけ熱量が上がり、エコーでも肉離れを確認しました。

ただ入浴もお願いしました。

広背筋が肉離れしたのは結果で、体の全身の圧力コントロールは必須です。

その為、入浴前と入浴後に患部のみアイシングをお願いしました。

実際、施術を1度行う事で症状はかなり改善したのですが、それは自然治癒力を活性化させる為のきっかけなので、自宅での日常生活動作の改善と共に指導しました。

今回の様に腰痛の原因が肉離れのケースは稀です。

温冷方法に悩まれている場合は入浴し、全身の圧力を安定化させる方がいいと思います。

必ず入浴時は深呼吸し、圧力を安定させるサポートをしてください。

緊張が抜けないと圧力は安定しません。

痛みが強く、入浴どころでない人は無理に入浴するよりも深呼吸を楽な姿勢ですることが効果的です。

腰痛について詳しく知りたい方は症状別に投稿していますので確認して下さい。

急性腰痛・ぎっくり腰=腰部に起こる急激痛

慢性腰痛=寝起きや中腰などある特定の動作による長期的な腰痛

腰椎椎間板ヘルニア=椎間板の突出or脱出による腰下肢症状

坐骨神経痛=臀部から太もも裏にかけて走る痛みや痺れ

腰部脊柱管狭窄症=背骨にある脊柱管が狭くなることにより脊髄にテンションがかかり起こる腰下肢症状

腰椎分離症=腰椎の先天性疾患や骨折により起こる腰痛

筋筋膜性腰痛=腰部にある筋肉や筋膜の過緊張により起こる腰痛

腰椎すべり症=他の腰椎より前方に引き出される事により起こる腰痛

疑問に思う事があればどんどん問い合わせお願い致します。

少しでも元気で健康に生活できるサポートをさせて頂きます。