腰部疾患

ギックリ腰でお悩みの方へ

ぎっくり腰は段階的に施術していくと比較的早期に解消する疾患です。

痛みで動きが制限されているように感じると思いますが、日常生活動作の癖により身体が破綻しかけている状態です。

破綻しかけている原因究明を行い、新しい癖に変更すると再発も防止できます。

腰を考える

腰は漢字で月(にくづき)に要(かなめ)と書き、身体の要をなす部位です。

要を維持するために他の関節に比べて動きが小さいように設計され、全身と連動しやすいような構造になっています。

そして腰の前方には内臓がある為、腰を内臓を守る働きもあり、痛みが出にくくなっています。

急性と腰痛

外傷と呼ばれる「骨折」「捻挫」「打撲」の場合、急に痛みが出る事があります。

この3つは人間以外にも動物全般に起こり、日にち薬で症状は解消していきます。

その他にも内臓疾患や大動脈瘤などにより腰痛が関連痛として出る事がありますが、整形外科疾患の腰痛と明確な違いがあるので判断は容易です。

整形外科疾患による腰痛で上記の3つに該当しない場合、腰痛を発症したことある人がたくさん居たとしても、急激な痛みで動けない状態になってしまうのは余程な事です。

ぎっくり腰の事を急性腰痛や急性腰部捻挫と言いますが、腰部の関節が捻挫する事は非常に稀です。

捻挫は四肢に起こりやすい疾患で「捻る」+「荷重」により起こります。

急性痛が出にくい部位で捻挫しにくい部位に出る急な腰痛の原因は腰以外の部位にある事が殆どです。

原因を考える

解消する時にしっかりと原因把握をしないと、再発が多くなります。

原因は体の要の破綻なので腰よりも上の上半身か、腰より下の下半身にあります。

そして痛みが出る時は不意の動作が多い事からも、日常生活動作の癖による体の捻じれが原因です。

痛みを解消する事が重要ですが、何が原因で激痛が出たのかを知ること。

そして、その癖をコントロールすることが大切です。

ぎっくり腰になったときには必ず原因を明確にし自覚しておく必要があります。

「痛み止め」「ブロック注射」「コルセット」での対応が一般的ですが、痛みが取れてそれが100%の解消になっていないことが多くあります。

忙しい方が多いと思いますが、時間が出来た時点で来院し、再発しない状態まで解消しているのか確認した方がいいと考えています。

施術の有用性

施術することで解消出来ますが、結果も大切ですが経過が非常に大切です。

たまに「ぎっくり腰を一回の施術で解消させる」うたい文句を見ますが、一回の施術で解消することが良い場合と、回数かけないと駄目な場合があります。

施術回数がどの程度必要なのかを、身体の状態をチェックする前から伝えることはできません。

クライアントさんの中には「腹部大動脈瘤」「腸閉塞」など、施術適応範囲外疾患の関連痛をぎっくり腰と勘違いして来院された場合もあります。

この状態は非常に緊急性が高いので、すぐに総合病院への受診を勧めています。

なった理由に対してどのようなストレスを脳が出し、どんな防御反応がでているのか?

それを落ち着かせて、自然治癒力が効きやすい状態へ誘導していく事が大切だと思います。

普段出ない激痛が出たことを軽く考えず、症状の後ろに隠れている要因まで確認する。

ぎっくり腰に限らず、どの疾患も自然治癒力さえコントロールできれば、急な痛みは出ないように身体はできています。

「腰に爆弾を抱えている」なんて話がありますが、それは「自分の身体の使い方が分かっていません」と言っているのと同じに聞こえます。

施術を行い、日常的な癖を新たな癖にすることで、また痛くなったらどうしようと考える不安を解消することが出来ます。

当院が行う解消対策

ぎっくり腰は現状把握を行い、体内の過剰緊張をコントロールしていくと殆どの場合、スムースに解消します。

しかし、日常生活動作の癖が原因の1つにあるので、家での動作により、再発する場合があります。

普段行っている動作が身体に負担をかけてる事に気づくチャンスです。

どんな姿勢が負担をかけているのか説明するので、無理はせず今できる事から動きを再構築します。

この再構築にかかる時間により、施術回数が変動します。

東洋医学では症状や疾患名にとらわれることなく全身状態を確認し、身体の中に隠れている使い方による患部の影響を紐解きます。

どんどん紐解いていくと「身体の歪み」「関節の圧縮率」「癒着」「皮膚の緊張」「内臓反射」「日常生活動作の偏り」などになります。

東洋医学のメリットは全身状態を把握している為、再発が非常に少ない事です。

ぎっくり腰のストレスを感じ緊張している脳をリラックスできる環境にするとで、自然治癒力が正常化し日にち薬が適応されます。

少しでも動くようになると必要以上に気にしなくなり、日常生活動作がリハビリになります。

そんな状態を早期に作り、解消のサポートをします。

ちはや鍼灸接骨院 髙橋裕介