腰部脊柱管狭窄症でお悩みの方へ

脊柱管狭窄症,イメージ

脊柱管狭窄症は、老化による要因よりも背骨の安定性の低下による要因が発症に影響しています。

手術の選択は最終段階まで考えず、施術により狭窄している部分以外の脊柱の安定性を再構築し、神経組織のストレスを低下させることで症状は解消していきます。

脊柱管狭窄症のメカニズム

脊柱管は脊柱内にあり、神経組織(脊髄)が入る空間のことをいい、脊柱の不安定性を再構築するために起こる変形により脊柱管が狭小化し、神経組織を圧迫牽引することによって発症する症候群です。

脊柱管狭窄の原因

脊柱管の広さは個人差が大きく、狭窄は先天的・発育的要因と後天的要因に分類されます。

40歳以上で発症する場合は後天的要因が多く、脊柱の機能破綻が終盤に差し掛かり、脊柱を再安定させるための変形・固定による影響がほとんどで、脊柱管孔が12㎜より小さいものを脊柱管狭窄症と診断しています。

脊柱管狭窄にすべり症が付随している場合も多く確認されており、狭窄原因が1つでない場合があります。

脊柱管狭窄と神経症状

脊柱管狭窄症には特徴的症状があります。

間欠性跛行と呼ばれ、数10メートルから数100メートル歩行を続けることでしびれや痛みで歩行が困難な時、身体を丸めて椅子に座ることで数分の内に症状が軽減・消失し、歩行が再開できる症状です。

間欠性跛行以外にも安静時痛・しびれなどの感覚異常・知覚鈍麻・脚の脱力感を感じ、症状の悪化で膀胱直腸障害を発症する場合があります。

膀胱直腸障害は、閉尿・便秘・インポテンツなどの総称名で緊急手術が必要な可能性が高いため、整形外科への受診をすすめています。

狭窄しているにもかかわらず座ると症状が軽減する理由

脊柱管狭窄症の代表的症状である間欠性跛行は、なぜ座ると症状が解決するのでしょうか。

狭窄部分は脊柱の不安定性を解消するために起こる変形(骨化)しているので立つ・座る・寝るなどの動作で変化はありません。

しかし、狭窄部分を走行している神経組織は動き、狭窄部位以外の脊柱の安定性と連動しやすいポジションが身体を丸めて座る動作です。

この連動しやすいポジションを増やしていくことで手術せずとも症状を解消していくことができます。

まずは固定・筋トレ・ストレッチでは無く、安定した動作の獲得が重要でそれを怠り、痛みや痺れを投薬や注射で解消すると安定した部分と固定化した部分の間に圧迫骨折が起こりやすい要因を作ってしまう危険性があります。

腰部脊柱管狭窄症でお悩みの方は、ぜひ当院にご相談ください。

ちはや鍼灸接骨院のご案内

住所:〒657-0054 兵庫県神戸市灘区稗原町2-3-20 エスペランス六甲101

アクセス:JR六甲道より徒歩5分 阪急六甲より徒歩9分 阪神新在家より徒歩9分

電話番号:078-861-1151

定休日:日曜日・祝祭日