肘関節部疾患

野球肘、内側上顆炎

近年、野球やスポーツをしていない人でも野球肘と診断される場合が多くなっています。

肘内側痛=野球肘と呼ばれていますが、同じ疾患でも発症原因や対象方法は違います。

日常生活でどんな動きをしていて、どんな動きを継続したいかが重要です。


スポーツをしている人の野球肘

野球肘とは、野球の投球を繰り返し行う事によって肘関節周囲に起こる疼痛性疾患の総称です。

総称の為、「野球」「ソフトボール」「アメフト」などの投擲スポーツ、「テニス」「バトミントン」などのラケットスポーツ、そのほか「ゴルフ」でも発症する場合があります。

殆どのスポーツで肘の内側だけでなく、外側にも痛みが出る事があります。

スポーツでの痛みは「オーバーユース」と呼ばれる、使いすぎが要因だと言われています。

どれだけ使えば使いすぎなのか、明確な定義はなく、日常生活以上の動きはしているので使いすぎと言われ運動量を現象や安静を選択をすることになります。

本当に使いすぎが原因なら、同じスポーツをしている人は運動強度の耐性があったとしても、必ず症状が出る要因を持っていると言うことになります。

スポーツによっておこる肘関節痛が使いすぎよりも使い方の要因が圧倒的に強いです。

動作内で肘関節に加わる急激な圧縮力と伸張力により、関節内の気圧が急激に変化し、関節が膨張していく事が要因です。

アイシングを行い関節の圧力を安定させる事で防げますが、練習回数や強度により、圧力が安定しなくなると痛みが起こり、放熱が解消されないと靭帯断裂や変形を起こします。

再発防止の為、動作解析は必須になります。


日常生活による野球肘

スポーツを行っていない人でも野球肘と診断名が付きます。

上腕骨内側上顆炎は肘関節付近にある筋肉の付着部です。

この部分は、日常行われる「家事」だけでなく「デスクワーク」や「スマートフォン」での影響も受けやすい部位です。

突発的な痛みが出たとしても、肩関節や手関節との複合動作中でどちらかの関節の影響で分散するはずのエネルギーが肘関節に集中することで発症します。

日常生活内動作なので、スポーツに比べて使いすぎの程度が低く、安静にしていても症状の変化が少ない場合が多いです。

サポーターやテーピングなどの補助具の使用により一時的に軽減しやすい場合もありますが、長期化すると補助具の影響で症状が悪化します。

肘関節の痛みは肩関節か手関節の捻じれや過去の怪我などによる硬化が要因として多く、肘関節以外の状況把握と施術が必須になります。


学生の野球肘

成人するまでに起こる肘関節痛は、成人後の肘関節痛と対策が違います。

成人前では骨が完成しておらず、軟骨部分が多くあります。

痛みを感じた場合は早期に対策を取らないと、軟骨が剥離し「遊離軟骨」「離断性骨軟骨炎」「Bennett(ベンネット)病変」など長期離脱に関わる疾患に移行する可能性があります。

未成年は自然治癒力が強く、痛みの解消が早い場合もあります。

「運動時激痛」「症状の頻発」「スポーツ時以外の痛み」どれか1つでも当てはまる場合には現状把握を行ってください。


肘関節の完全伸展

肘関節は症状が長期化したり、再発を繰り返すと、完全伸展(肘をしっかり伸ばす動作)が出来なくなります。

これは変形が要因と言われていますが、それだけではなく身体の防御反応の影響でもあります。

肘関節は動きの幅を狭めると関節内の圧力が変化しにくくなるため、痛みが出にくくなります。

悪化中にストレッチをして無理やり伸ばそうとする人がいますが、防御反応が過剰になり伸ばしているつもりが、どんどん伸びなくなっていきます。

補助具やストレッチは損傷時期によっては吉にも凶にもなるツールです。


肘関節痛には理由

肘関節は肩関節と手関節の中間関節です。

中間関節は単独で痛みを出すことが少なく、腕1本をコントロールしていくと解消しやすくなります。

「腕の捻じれ」「関節の圧縮率」「皮膚のたるみや硬化」「動作解析」

これらを同時に行うことで復帰が早くなります。

スポーツを行っている人は安静ではなくスポーツを少しでも再開しながら施術をしていくと、症状が起こった傾向が分かりやすく、再発しにくくなります。


施術後の感想

【来院される前にどんな事でで悩んでいましたか】

中学の時から投球時にずっと肘が痛かったこと。重たい荷物を肘を伸ばした状態で持った時に痛かった。

【何をきっかけで、ちはや鍼灸接骨院を知りましたか】

インターネットで調べて

【ちはや鍼灸接骨院を知ってすぐに予約しましたか】

しました。

【いろいろな治療院がある中で、何が決め手となって来院しましたか】

両親に送迎してもらえる範囲で。

【実際に施術を受けてみていかがでしたか】

痛みがなくなり安心して投げれるようになった。痛みがでない投げ方を教えてもらえた。

※この体験談は個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。個人情報や守秘義務を守るため、写真や名前など個人が特定出来る情報は削除しています。

【来院される前にどんな事でで悩んでいましたか】

肘の痛み。

【何をきっかけで、ちはや鍼灸接骨院を知りましたか】

友人が教えてくれた。

【ちはや鍼灸接骨院を知ってすぐに予約しましたか】

なかなか時間がとれず来れなかったので知ってから3ヶ月ぐらい…

【いろいろな治療院がある中で、何が決め手となって来院しましたか】

肘のあまりの痛さにここしかないと思った。(友人の話を聞いていて)

【実際に施術を受けてみていかがでしたか】

とてもラクになりびっくりしています。

※この体験談は個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。個人情報や守秘義務を守るため、写真や名前など個人が特定出来る情報は削除しています。

【来院される前、どのような症状で悩まれていましたか】

左ひじが数年前からずっと痛くてがまんしていました。

【現在の症状はどうですか】

まったく痛みがなくつかえています。

【当院は他の治療院と何が違いますか】

初回から痛みがひいていくのをかんじれました。

【最後に何か一言お願いします:今後、来院される方へのメッセージ】

あきらめていた痛みもちゃんと治療すれば治ります。あきらめないで診てもらうことです。

※この体験談は個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。個人情報や守秘義務を守るため、写真や名前など個人が特定出来る情報は削除しています。