肘関節部疾患

野球肘でお悩みの方へ

子どもから大人まで競技人口が多い野球。

野球肘にも様々な疾患や原因が隠れています。

ノースローで調整するだけでは過度の負荷に耐え切れず、再発を起こします。

※ スポーツを行っていない方はこちらのページをご覧ください → 「上腕骨内側上顆炎でお悩みの方へ

野球肘は総称名

投球を反復的に行う事によって肘関節周囲に起こる疼痛性疾患の総称です。

総称の為、細かい疾患名が複数あり、「内側上顆炎」「離断性骨軟骨炎」「疲労骨折」「関節遊離体」などがあり、損傷部位も腱・軟骨・骨など多様です。

言い換えると「投球動作は肘関節周囲すべての構造体にストレスをかける」ということです。

スポーツでの痛みは殆ど「オーバーユース」と呼ばれる、使いすぎが要因だと言われます。

野球肘も例外なく、投球時の過剰な反復動作が原因だと言われていますが、それだけではありません。

本当に使いすぎが原因なら、野球をしている人は運動強度の耐性があったとしても、必ず症状が出る要因を持っていると言うことになります。

どれだけ使えば使いすぎなのか、明確な定義は年齢やポジションで判断できるものではなく、投球制限やノースロー日の判断も一人一人違います。

投球時にかかる肘関節への衝撃

スポーツによっておこる肘関節痛が使いすぎよりも使い方の要因が圧倒的に強いです。

投球動作は肘関節に加わる急激な圧縮力と伸張力により、関節内の気圧が急激に変化し、関節が膨張します。

近年では投球動作解析と手術の進歩により、球種別で肘にかかる負担と肘に負担のかからない投げ方が確立されつつあります。

しかし、手の大きさや身体の発達に個人差が大きい為、すべての人が同じフォームで投げる事が最良とは言えません。

ゴルフ肘テニス肘もそうですが、肘関節を痛める最大の要因は自分の意図した所にボールをコントロールする事です。

コントロールの精度に個人差がある為、肘関節への負担も個人差があります。

投手が肘関節を痛めやすいのはコントロールしないといけない球種がいい事、球種ごとに違うリリース時の指先の感覚をリセットできないことにあります。

学生野球と成長

成人するまでに起こる肘関節痛は、成人後の肘関節痛と対策が違います。

成人前は全身の骨格が完成しておらず、軟骨部分が多く存在します。

痛みを長期的に感じるようになると、軟骨が剥離による「遊離軟骨」「離断性骨軟骨炎」「Bennett(ベンネット)病変」など長期離脱に関わる疾患に移行する可能性があります。

未成年は自然治癒力が強く、痛みの解消が早い場合もあります。

「運動時激痛」「症状の頻発」「スポーツ時以外の痛み」どれか1つでも当てはまる場合には必ず対策を考えて下さい。

対策を取らないままだと、肘関節が完全伸展(しっかり伸ばす動作)が出来なくなります。

これは変形が要因と言われていますが、それだけではなく身体の防御反応の影響でもあります。

肘関節の動きの幅を狭めると関節内の圧力が変化しにくくなるため、痛みは出にくくなります。

しかし、野球選手を終えた後の違和感の継続や知覚異常は一生です。

当院が行うリカバリー対策

痛み解消とフォーム癖を新しい癖に変更してもらうために、なるべく野球を続けながら施術を行うようにしています。

野球をしながら痛みを確認し、怪我の功名を手に入れて頂きたいと思っています。

痛みがあるからこその功名、身体に合った投球動作を行えば痛みは無く、合わないと痛みが出て身体が是非を判断してくれます。

重要なのは野球経験からくる投球動作ではなく、身体が求めている投球動作です。

東洋医学では症状や疾患名にとらわれることなく全身状態を確認し、身体の中に隠れている使い方による患部の影響を紐解きます。

原因となる疾患にも原因があり、どんどん紐解いていくと「身体の歪み」「関節の圧縮率」「癒着」「皮膚の緊張」「内臓反射」「日常生活動作の偏り」などになります。

東洋医学のメリットは全身状態を把握している為、再発が非常に少ない事です。

野球肘のストレスを感じ緊張している脳をリラックスできる環境にするとで、自然治癒力が正常化し日にち薬が適応されます。

少しでも動くようになると必要以上に気にしなくなり、日常生活動作がリハビリになります。

そんな状態を早期に作り、解消のサポートをします。