きっと来るであろう未来

昨日見た映画のお話

マイクロチップが人を乗っ取るストーリーでございます。

ストーリーが非常に面白くて

今の世の中に起こるであろう事とも被る内容

映画の中の未来はアナログ人間さまとデジタル人間さまに分かれております。

アナログ人間さまは、チップや機械など鉱物が体内に埋め込まれていたり装着していない人

純粋な人間さまが希少種になった未来

そんな中で狙われた主人公

1960年代、1970年代のアナログなアメ車をいじる彼

純粋なヒト

身体を欲するマイクロチップ

完全体になる為に

話はそれますが…

今週、自然の違和感について話い合いをした。

僕自身、キャンプが好きで去年は沢山行ったなんちゃってキャンパーの私。

けど今年はノーキャンプ

コロナがあったからでしょうか

どうなんでしょうか

理由がモヤモヤいておりますが行くのに二の足を踏んでしまう2020年

その理由を言語化するヒントを頂く。

どうやら人間さまが自然に求めているのは体内に枯渇した自然エネルギーの吸収だそうです。

ただ自然に行ってもひと昔の様に自然エネルギーは無く枯渇模様

風あざみなんて風情ありありなワードも、昭和だったからこそと考える私。

実は風あざみなんて言葉は無いそうで。

ボンバーヘッドの井上陽水さまの感性が素敵に感じ。

セットで神無月さまも素敵と感じる私。

風あざみの無い環境に行っても意味がない訳で…

だからそこの二の足

それに気づいたのも

このお盆に行った海や川の変化

パワースポットなんて言われる所が淀んでるように感じた私。

楽しいことしているはずなのに人間さまの活力が上がってない。

そんな事から分かった今の自然

結局、自然に何をしに行ってるのかをハーブティーを片手に波音をBGM聞いてみたい。

SNSでアップしたいから

同じような友達が欲しいから

インフルエンサーがやってたから

そこに意志はあるのかい

江口洋介さまもおっしゃっていましたね。

そこに愛はあるのかいって

サラサラのロン毛の男性を見たのは江口さまと宅八郎さま

そして武田鉄矢さまの御三家

サラサラヘヤーがうらやましい

無い物ねだりな私。

映画の未来はVRの中の仮想現実に数日、数週間いるヒトを描写してたんだけど

仮想現実の方が現実世界より少しだけストレスが少ない様な事を言っていた。

それが今から自分たちに起こるかもしれない。

コロナを名目にワクチンを作り

監視の為にマイクロチップを埋め込む

そのマイクロチップが仮想現実を見せたり、自我を失くさせ、主体性がマイクロチップに移行する。

これはきっと難しい事では無いと思う。

自我を感情だと感じているヒトが多い

自立のない感情

そこに感情をぶつける相手が居れば攻め込む

何も調べず攻め込む

そしてそれを正義と決めつける。

まさに1/3の純情な感情

コロナで出来た、自粛警察なんてワード

完全に自分の意志でない行動

マイクロチップを埋めなくてもヒトなんて簡単にコントロールできる

テレビ離れって人間さまなら当たり前~

ってアルシンドも言ってたとか言ってないとか。

半沢直樹見て、感情移入して自分の人生になんの得になるんだろう

この世の中は仮想現実

そんな話だって沢山ある

否定も肯定も出来ない

仮説は沢山あっていいと思う。

見た事しか信じないなんて言ってる人間様からするとバカげた妄想だと言われるでしょう

このバカチンがって言われるでしょう。

宗教的

スピリチュアル的

結局は断片的

広げて俯瞰して主体性を自分に持って自分の意志で考え行動すると決めた今日の私。

結局、映画の様な時代が来るのであれば最後までれアナログがオモロいなぁ

そんなお話

見てねー!

The following two tabs change content below.
「日日是好日」を更新しています。

最新記事 by CHIHAYAKOBE (全て見る)