手指関節部疾患

ブシャール結節でお悩みの方へ

年齢が上がるとともに発症しやすい指先の関節に起こる変形と痛み。

なかなか治らず放っておくとどんどん変形が進み、細かい動きを行うことにストレスを感じるようになります。

そんなブシャール結節は、早期に施術を行うことで痛みの解消と変形の軽減を行う事が出来ます。

ブシャール結節という名の変形

変形性関節症の一種で、45歳以上の女性に多くみられ、指の第二関節に見られる硬い腫れ(変形)と、急な痛みや発赤が見られます。

発症に伴い、変形と可動域が一定期間進行し、進行がとまると痛みが軽減します。

特定の指で起こる事は少なく、多くの場合、変形の強弱はあるものの全部の指で発症が確認されます。

詳しくはこちらをご覧ください → 「変形性関節症でお悩みの方へ

レントゲンには初期では関節の狭小化と骨端の硬化が確認され、慢性状態では骨端背側や内外側に骨棘が形成され、ときに屈側、橈尺側への変位を生じます。

変位に伴い、背側の皮膚は関節の骨隆起に一致して薄くなり、光沢を帯びて隆起します。

それ以外にも時折ゼラチン様の内容物が入った透光性嚢胞を形成することもあります。

第一関節に起こる「ヘバーデン結節」に比べ、発症頻度は低く、外傷による発症が多いとされています。

第二関節の痛みはリウマチとの鑑別が必須ですので、ブシャール結節の決めつけはオススメしません。

変形の原因

ブシャール結節が起こり出す時期は、閉経などのホルモンの変化が原因とされることがありますが、当院ではホルモンの変化による原因があっても、それほど大きな原因ではないと考えています。

そして、加齢による軟骨の代謝障害による変形が原因とされることについても、大きな原因ではないと思います。

その理由は、施術を行うことで症状が解消するからです。

ブシャール結節で悩まれている方で、若い事から指先を異常に使う職種の方でない場合は、殆どが関節軸の安定性が無くなっていることが原因です。

そして女性に多い理由は家事による指先の急激な温度変化にあると考えています。

変形と痛み

ブシャール結節は「痛みの問題」と「変形の問題」を分けて考える事が大切です。

痛みの解消は可能です。

変形へ程度によります。

変形が強くても痛みは解消できますが、ブシャール結節以外の要因も含んでします。

指の変形には様々な要因が隠れています。

第二関節に変形が起こって原因が手首や肩関節の影響だったことも多々あります。

指だけにとらわれずに対策していく事が解消のキーポイントです。

当院が行う早期解消対策

ブシャール結節の痛みは日常動作に原因が潜んでいます。

「安静にしていれば軽減する」と言われていますが、手を痛みのない範囲で使いながら生活する事は不可能です。

安静が優先事項の疾患は、根本的な原因にたどり着けず、再発しやすくなります。

東洋医学では症状や疾患名にとらわれることなく全身状態を確認し、身体の中に隠れている使い方による患部の影響を紐解きます。

どんどん紐解いていくと「身体の歪み」「関節の圧縮率」「癒着」「皮膚の緊張」「内臓反射」「日常生活動作の偏り」などになります。

東洋医学のメリットは全身状態を把握している為、再発が非常に少ない事です。

ブシャール結節のストレスを感じ緊張している脳をリラックスできる環境にするとで、自然治癒力が正常化し日にち薬が適応されます。

少しでも動くようになると必要以上に気にしなくなり、日常生活動作がリハビリになります。

そんな状態を早期に作り、解消のサポートをします。

ちはや鍼灸接骨院 髙橋裕介