上肢部疾患

手根管症候群でお困りの方へ

仕事や育児の疲労による捻挫でも腱鞘炎でもない手根管症候群

補助具による固定での改善率が非常に悪い疾患の為、悩んでいる人が多い手根管症候群

そして再発しやすい手根管症候群

適切な順序で施術すれば再発なく解消していきます。

手根管と手根管症候群の解説

手根管がどこにあり、どのような役目をしているかご存じですか。

手根管は手首にあり、有鉤骨、月状骨、舟状骨、三角骨の4つの骨に囲まれ、豆状骨と舟状骨の間を横走する靭帯に囲まれた狭いスペ―スです。

その中を4本の深指屈筋と浅指屈筋、および長母指屈筋、そして正中神経が通っています。

手根管症候群は、この狭いスペースに圧迫・摩擦・伸張・屈曲など様々なストレスで手根管内圧が上昇し、正中神経が絞扼されて発症する為、別名を絞扼性正中神経障害と言われます。

神経の絞扼以外にも炎症による正中神経炎や屈筋腱の腱鞘炎、アミロイド沈着や浮腫なども要因とされています。

育児や家事が多い40~60歳代の女性に好発し、妊娠後期の女性、人工透析患者にも比較的高頻度に見られます。

男性の場合は手作業をする労働者やパソコンをするデスクワークに多くみられます。

手根管症候群の西洋医学的原因

整形外科受診時に伝えられる一般的な原因は5つです。

「過度なストレス」

「加齢による筋肉の衰え」

「骨格の変位」

「内分泌因子」

「内臓疾患」

重要なことは血液検査での異常数値の有無です。

それだけで「内分泌因子」「内臓疾患」かどうかが判断できます。

≪関節リウマチ≫≪糖尿病≫≪慢性腎不全≫の既往がある人は手根管症候群との関係性を主治医に確認してください。

「過度なストレス」「加齢による筋肉の衰え」「骨格の変位」はそれ自体が原因では無く、そこに至るまでに別の原因があるので施術で対応可能です。

手根管症候群の症状

確定することは難しいですが、手根管症候群の可能性を高い症状です。

手首の動作痛

立ち上がろうと手を床に付いたり、ドアノブを回すなど、手首を使う動作全般に痛みが出る場合もあれば、ある一定方向の動作のみ痛みが出現する場合もあります。

痛みの場所は手首のみと考えず、腕や指に出ることもあるので、手首に痛みが無いからと安易に症状を放置しない事が重要です。

手首を動かさずに荷物を持ち上げるなどの荷重をかけた時

荷重により、筋肉が収縮、それに伴い腱鞘も収縮する事で症状が出現します。

両手で荷物を持つ時は大丈夫な場合や、片手である一定の重量以上になると痛みが出るなど、動作痛と同じように症状にばらつきがあります。

【就寝時痛】

症状の進行に合わせて出現する場合が多く、手首というよりかは母指、示指、中指の正中神経に起因する部位の痛みや前腕の痛みを訴える場合が多いです。

【筋力低下】

キャップを開ける、ボタンを締めるなどの細かく動かす時に力が入りにくい感覚になる場合があります。

症状が片側の場合、悪くない側の手と比べると握力の低下や持久力の低下、母指が外に広がりにくいなどの症状に見舞われます。

【手指のしびれ】

手根管での正中神経の圧迫牽引により、感覚異常やしびれが出現します。

正中神経圧迫テストと呼ばれる手の甲同士をくっつける動作(いただきますの反対動作)を1分ほどすると症状が強くなる場合があります。

無理に行うと症状の悪化に繋がるので専門家と一緒に行ってください。

手根管症候群の西洋医学的アプローチ

ここに記載する治療方法は「内分泌因子」「内臓疾患」を除いた場合です。

基本となる治療は他の疾患と同じで5つです。

「安静」

「固定」

「投薬」

「注射」

「手術」

手根管症候群は手術を行うまで長期化・重症化する場合が少なく、軽減→悪化→軽減を繰り返している人が多いのが特徴です。

その為、固定への依存が強く、庇いながらの動作になる為に筋力低下が二次被害として出現します。

固定が長期化すると固定力を上げるためにきつく巻く人が多く、それによる絞扼神経障害の悪化も起こります。

解消したい想いと裏腹に自分で行っている解消方法に問題がある場合が多いので、1週間ごとの経過観察は必修で、1ヶ月行って変化が無い場合は別のアプローチへの素早い変化が重要です。

鎮痛の目的で局所麻酔剤を関節、腱鞘、滑液包、圧痛部位などへ注入します。

非感染性炎症では副腎皮質ステロイドを用いることがあり、ある一部の人に著しい効果を示す事が有る反面、合併症(感染)などの危険な副作用(軟骨破壊や骨壊死)や後遺症に悩む場合もあるので導入には細心の注意が必要です。

もし手術の選択を考えている場合、屈筋支帯切除、ガングリオンや滑膜炎の切除を行い腱や神経のルート確保を行います。

症状が解消したとしても、手術後の縫合部分の張り感や、緊張感に悩まされる事があるので、手術をお考えの場合は必ずセカンドオピニオンや接骨院などへ事前に受診し、本当に手術が必要かを再度検査してもらって下さい。

類似症状がでる疾患

セカンドオピニオンが必要な理由は同じような症状をもつ他の疾患がある為です。

診立ては先生一人一人違います。

安心安全に解消する為には決めつけをしない事が大切です。

【前骨間神経麻痺】

前腕にある円回内筋、浅指屈筋、長母指屈筋などによる圧迫牽引や神経炎が原因と考えられています。
ご自身での鑑別は非常に困難なので、病院や整骨整体院への受診で原因を明確にして下さい。

【円回内筋症候群】

正中神経の本幹が円回内筋に入る部分での障害で疼痛と麻痺が出現します。手の平と甲を反復的に入れ替える運動をすると症状が強くなるケースが多いです。

【尺骨神経管症候群】

名前の通り尺骨神経管での尺骨神経の絞扼による圧迫牽引で起こる神経障害です。
手根管症候群と違い小指や薬指にしびれや痛み、感覚障害が出現します。

【頚椎神経根症】

ヘルニアや関節の変形などにより首にある神経が圧迫牽引されて発症します。

【胸郭出口症候群】

鎖骨と肋骨の間にある、筋肉(前斜角筋・中斜角筋・小胸筋)の中を通る神経や動脈が締め付けられたり、圧迫される事で発症します。

締め付けや圧迫が起こる部位で病名が変わり、胸郭出口症候群はそれらの総称名です。

症状としては手指のしびれ(特に小指側)、熱感・冷感、脱力感、首・肩・肩・肩甲骨・胸のうずくような痛みがあります。

圧迫部位によっては重苦感を感じる事もあります。

【関節リウマチ】

多発性の関節痛と腫脹を主症状とする原因不明の進行性炎症性関節疾患です。

手や足の小さい関節あるいは肘や膝関節などの疼痛と腫脹で初発し、次第に全身の関節を侵します。

当初は滑膜炎ですが、炎症が軽快と増悪を繰り返し、関節軟骨や骨が破壊され、関節の変形と機能障害を生じます。

西洋医学での治療が上手くいってない方へ

手根管症候群は上記のように類似疾患も多く、治療してもなかなか良くならずに、数ヶ月から数年も解消しない人が多くいます。

それは病名に縛られ症状の原因に対してのアプローチ不足があるからです。

現代の最先端医療でも手根管症候群の原因や解決方法はまだ解明されておらず、一時的に痛みを改善することはあっても、根本的に治すことは難しいとされています。

注射や痛み止めは、一時的に神経をマヒさせることで痛みが楽になりますが、痛みを感じなくなっただけで、解消したわけではありません。

激痛があるにも関わらず仕事が休めない場合は緊急性を考慮して一時的に注射を選択するのは間違いではありません。

しかし、「根本的な原因が解消していない事」や「根本的な原因を認識していない事」は再発の可能性を多く含みます。

日々のストレスからくる痛みが多い整形外科疾患の中に手根管症候群も該当します。

身体の使い方や根本的な関節の緊張や圧縮、身体全体を診立ててのバランスなど原因は痛みがある所だけとは限りません。

解消経過に不安がある人、治らないカモと悲観しなくても解消方法はあります。

明るい未来をイメージできるように提案いたします。