膝関節疾患

膝関節側副靭帯損傷でお悩みの方へ

側副靭帯損傷は十字靭帯損傷に比べて解消しやすい状況がそろっています。

固定や安静だけでは再発や合併症に進行する場合がある為、疼痛がなく、違和感だけだとしてもしっかり取り除くことをオススメする部位です。

広義の捻挫

靭帯損傷は捻挫として扱われます。

捻挫とは「関節に非生理的な外力が加わり発生する関節包または靭帯損傷」と定義されています。

病態は3段階に分類されています。

第1度:関節包・靭帯が引き伸ばされた状態で関節不安定性が殆どないもの

第2度:関節包・靭帯の部分断裂で、関節不安定性が中等度なもの

第3度:関節包・靭帯が完全損傷され、著しい関節不安定性があるもの

靭帯は引っ張ると徐々に伸張します。

引っ張りが収まると伸張を解消しますが、伸張が継続すればするほど靭帯にかかる荷重は増加し、最終的に靭帯は限界を迎え断裂します。

靭帯は伸張方向への対応は強く、剪断力に対する対応に弱い構造です。

その為、膝関節の様に関節の動作制限を靭帯に依存している為、重症化しやすい関節です。

靭帯損傷に伴う合併損傷は、半月板損傷と関節軟骨損傷が主で、前十字靭帯損傷が起因しています。

膝関節構造体を考える為には損傷靭帯が単独損傷なのか、単独損傷でも合併しやすい靭帯の損傷なのかで対策が変化します。

詳しくは膝関節捻挫のページをご覧ください。

関節外靭帯

膝関節には関節内靭帯と関節外靭帯が存在します。

外側側副靭帯・内側側副靭帯は関節外靭帯で、修復能力が高いのが特徴ですが、関節内靭帯は靭帯中央部で損傷が起こった場合、修復能力が極端に低下します。

十字靭帯損傷についてはコチラをご覧ください。

内側側副靭帯損傷と外側側副靭帯損傷の受傷機転は真逆です。

【内側側副靭帯損傷】

足が地面に固定されていない状態での外反力により発症し、損傷部の圧痛確認が可能です。

※足が固定されている状態での外反力は前十字靭帯にストレスがかかります。

単独損傷では半月板損傷を合併する可能性は低いですが、前十字靭帯損傷を合併すると半月板損傷を併発している可能性が高まります。

捻挫分類第3度にあたる完全断裂の場合のみ手術対応ですが、後遺症や合併症を考え、単独損傷時は手術しない場合も多くなってきています。

【外側側副靭帯損傷】

内反力により発症しますが単独損傷は少なく、後外側構造体(外側側副靭帯・弓状靭帯・膝窩筋腱)損傷として発症したり、後十字靭帯損傷と合併する事が多いです。

損傷部の圧痛確認が可能です。

手術よりも保存療法が多いです。

当院が行う解消対策

膝関節側副靭帯損傷は受傷直後の状況把握が非常に重要です。

単独損傷だからと軽視して生活していると他の靭帯や半月板の損傷合併し、復帰に時間を要します。

受傷直後の状況把握をしておけば、現状が解消に向かっているのか判断が付きやすくなります。

側副靭帯部の損傷はエコーで診る事も可能です。

側副靭帯損傷後は下肢全域に捻じれが残っている事が多く、これが十字靭帯損傷を合併するきっかけにもなります。

固定や安静では解決しない、靭帯を含めた膝関節の構造と機能をリセットする必要があると考えています。

東洋医学では症状や疾患名にとらわれることなく全身状態を確認し、身体の中に隠れている使い方による患部の影響を紐解きます。

どんどん紐解いていくと「身体の歪み」「関節の圧縮率」「癒着」「皮膚の緊張」「内臓反射」「日常生活動作の偏り」などになります。

東洋医学のメリットは全身状態を把握している為、再発が非常に少ない事です。

側副損傷のストレスを感じ緊張している脳をリラックスできる環境にするとで、自然治癒力が正常化し日にち薬が適応されます。

少しでも動くようになると必要以上に気にしなくなり、日常生活動作がリハビリになります。

そんな状態を早期に作り、解消のサポートをします。

ちはや鍼灸接骨院 髙橋裕介