脛部疾患

コンパートメント症候群でお悩みの方へ

緊急性の高い状態にあるかもしれません。

症状が「脚が硬い」「パンパンに張っている」以外に疼痛もあれば病院受診してください。

疼痛が無ければ施術可能です。

コンパートメント症候群とは

コンパートメント症候群とは下腿にある骨・筋膜・骨間膜・筋間中隔に囲まれた4つの区画内圧が、スポーツ活動による慢性障害・打撲・捻挫・骨折などの急性外傷により上昇し、細動脈の閉塞により筋・腱・神経組織の壊死を起こす疾患です。

コンパートメント症候群が発症する疾患は膝関節捻挫・ふくらはぎ肉離れ・足関節内がえし捻挫による腓骨筋腱断裂などで、疾患の他にギプス固定があります。

4つの区画にある筋肉と神経

【anterior】

筋肉:前脛骨筋・長母趾伸筋・長趾伸筋

知覚神経:深腓骨神経

圧痛部位:下腿前外側

【lateral】

筋肉:長・短腓骨筋

知覚神経:深浅腓骨神経

圧痛部位:下腿外側腓骨部

【superficial posterior】

筋肉:腓腹筋・ヒラメ筋・足底筋

知覚神経:なし

圧痛部位:腓腹部

【deep posterior】

筋肉:後脛骨筋・長母趾屈筋・長趾屈筋

知覚神経:後脛骨神経

圧痛部位:下腿末端内側・アキレス腱と脛骨の間

発症分類

【急性型】

外傷を契機に発症し、放置すると非可逆的となる為、筋膜切開術を緊急で行う必要があります。

症状は罹患部の発赤・熱感・腫脹・緊張感・硬結・自発痛・夜間痛・圧痛・罹患筋の自動運動障害・他動伸展(ストレッチ)時疼痛・運動神経障害・知覚神経障害

【慢性型】

日常のスポーツ活動により発症し、可逆的で、中止すると数分から数十分で緩解します。

症状は硬結・緊張感程度で無症状の人多数

日本ではランニングによる慢性型が多く、慢性型が特発的に急性型に移行する事が稀にあり、この状態も手術適応になります。

当院が行う解消対策

コンパートメント症候群は急性型は手術適応ですので、症状が該当する場合は時間関係なく急いで病院を受診してください。

慢性型の場合は施術対象です。

区画圧力を低下させるための施術を行います。

東洋医学では症状や疾患名にとらわれることなく全身状態を確認し、身体の中に隠れている使い方による患部の影響を紐解きます。

どんどん紐解いていくと「身体の歪み」「関節の圧縮率」「癒着」「皮膚の緊張」「内臓反射」「日常生活動作の偏り」などになります。

東洋医学のメリットは全身状態を把握している為、再発が非常に少ない事です。

コンパートメント症候群のストレスを感じ緊張している脳をリラックスできる環境にするとで、自然治癒力が正常化し日にち薬が適応されます。

少しでも動くようになると必要以上に気にしなくなり、日常生活動作がリハビリになります。

そんな状態を早期に作り、解消のサポートをします。

ちはや鍼灸接骨院 髙橋裕介