頭部疾患

眩暈でお悩みの方へ

めまいが起こる状況は十人十色で、個々の対策が必要になります。

いつかくる眩暈に不安を感じ、その不安が眩暈を助長することも多々あります。

原因と要因を突き止め、段階的に施術することで症状は軽減し解消していきます。

症状:めまい

目が回るようなクラクラした状態を指します。

内耳にある骨迷路にある半規管と、膜迷路にある卵形嚢・球形嚢に平衡感覚の受容体があり、感知した信号が前庭神経へ送られます。

半規管は回転加速度を感知し、卵形嚢・球形嚢は直線加速度を感知します。

メニエール病でよく聞く耳石は卵形嚢・球形嚢に存在します。

眩暈の分類

【回転性めまい】

末梢性障害で、回転感が主体です。

程度は激しく、ときには「床が傾く」「壁が倒れる」など、一定の運動感として表現されます。

耳鳴りや難聴を併発しますが、脳神経障害を合併する事は稀です。

【浮動性めまい】

中枢性障害で、浮動感が主体です。

程度は軽く、「身体の不安定感」「宙に浮いた感じ」「目の前が暗くなる」などと表現されます。

耳鳴りや難聴を併発することは少なく、脳神経障害を合併する事があります。

どちらにも該当しない眩暈として、起立性低血圧による眩暈があります。

回転性めまいが起こる代表的疾患

耳疾患によるもの

〇 メニエール病

〇 薬物中毒

〇 外傷性内耳障害

〇 耳石疾患:良性発作性頭位めまい・突発性位置性めまい

〇 炎症:中耳炎・迷路炎・迷路梅毒など

〇 突発性難聴

〇 耳硬化症

聴神経障害によるもの

〇 小脳橋角部腫瘍。聴神経鞘腫

〇 ウイルス性内耳聴神経炎・耳性帯状疱疹(ラムゼイハント症候群)

〇 前庭神経炎

〇 外傷

前庭核および脳幹障害によるもの

〇 椎骨脳底動脈循環不全症

〇 鎖骨下動脈盗血症候群

〇 椎骨脳底動脈閉塞

〇 小脳出血

〇 脳腫瘍・脳膿瘍

〇 頭部外傷

〇 多発性硬化症

頚部に起因するもの

〇 頚椎変形性脊椎症

〇 むち打ち損傷

〇 頚筋筋膜異常による椎骨動脈圧迫

〇 バレーリエウ症候群

浮動性めまいが起こる代表的疾患

循環障害によるもの

〇 脳循環障害:脳梗塞・頭蓋内出血・一過性脳虚血・脳血管不全・高血圧性脳症

〇 高血圧症

〇 低血圧症・起立性低血圧症・シャイドレーガー症候群

〇 アダムスストークス症候群

〇 頸動脈洞症候群

〇 大動脈炎症候群

貧血をきたす血液疾患

中枢神経機能的障害:てんかん・片頭痛・外傷

脳の器質的疾患:外傷・腫瘍・炎症・変性

頚部に起因するもの:変形性頚椎症・むち打ち損傷

眼科的疾患:眼鏡不適応・眼精疲労・外眼筋麻痺など

過換気症候群

心因性めまい:ヒステリー・心気症・不安神経症・うつ状態

自律神経失調症

鼻疾患:副鼻腔炎・蓄膿症

耳疾患:外耳炎・中耳炎・耳管狭窄

月経・妊娠

更年期障害

中毒症:アルコール・ニコチン・眠剤など

代謝異常:低血糖症・甲状腺機能低下症・副甲状腺機能低下症など

顎関節症候群

頭蓋異常によるもの

加速度病(乗り物酔い)

眩暈を解消する為に必要な事

上記した通り、眩暈を症状とする疾患は沢山あります。

重要なことは「どういう性質か」「随伴症状はあるか」の目星を立てて疾患を絞っていく事です。

例えばメニエール病だと自己診断されて来院された人を問診してい時、眩暈の持続時間が短く、眩暈の程度が悪くなっている事を伝えられたので、いくつか徒手検査を行ってみると明らかにメニエール病の反応と違いました。

説明をし、紹介状を記載し、病院受診してもらうと小脳に腫瘍がありました。

こういったことは珍しい事ではありません。

眩暈があり困っているのは分かりますが、状況把握が出来ないとその眩暈が施術可能かどうかを判断できず、多くの徒手検査が必要になります。

「初めて眩暈を感じた時の状況」「どんな性質の眩暈か」「症状は眩暈だけなのか」「どんな時に眩暈が起こるのか」「眩暈は何分つづくのか」「眩暈が軽減する方法はあるのか」「思い当たる原因」など、なんとなくでも傾向が分かると対応しやすくなります。

当院のアプローチ

眩暈をアプローチするには細かい状況把握が必要になり、場合によっては施術が出来ない場合もあります。

命に係わる疾患もある為、自覚症状と他覚所見を合わせて段階的に施術を進めていきます。

病院では原因不明の眩暈も数多く施術してきました。

どれも器質的原因では無く、外因性要因も内因性要因も複合的にあります。

眩暈は一生付き合う症状ではありません。

薬での治療に限界を感じている人は施術を選択肢に追加しては如何でしょうか。

東洋医学では症状や疾患名にとらわれることなく全身状態を確認し、身体の中に隠れている使い方による患部の影響を紐解きます。

どんどん紐解いていくと「身体の歪み」「関節の圧縮率」「癒着」「皮膚の緊張」「内臓反射」「日常生活動作の偏り」などになります。

東洋医学のメリットは全身状態を把握している為、再発が非常に少ない事です。

眩暈のストレスを感じ緊張している脳をリラックスできる環境にするとで、自然治癒力が正常化し日にち薬が適応されます。

少しでも動くようになると必要以上に気にしなくなり、日常生活動作がリハビリになります。

そんな状態を早期に作り、解消のサポートをします。

ちはや鍼灸接骨院 髙橋裕介