肘関節部疾患

肘内障でお悩みの方へ

肘内障は接骨院で対応可能です。

経過観察も行いながら後遺症がないようサポートします。

肘内障と接骨院

骨格形成が未熟な6歳以下の幼少時に多く、手を引っ張られた時、輪状靭帯が橈骨頭を乗り越えて上腕骨小頭との間に嵌入し発症します。

急に泣き出し、腕を動かさなくなります。

発症動作が明確であれば肘内障と判しやすいですが、子供同士が遊んでる最中になると情報不足の為、鑑別診断が必要になります。

鑑別診断する疾患は「鎖骨骨折」「肩鎖関節脱臼」「肩関節脱臼」です。

脇に手を入れて高い高いした時に痛みが増強する場合は肘内障ではないので、手を引っ張っただけだとしてもあまり動かさずに受診する事をオススメします。

以前は接骨院に肘内障になった子供が良く来ていましたが、昨今は肘内障のワードを知らない親御さんも多く、病院での整復が多くなっています。

整復は非常に簡単で、整復後は痛みがすぐになくなり、泣き止みます。

経過観察が必要なのは嵌入が完全に取れ切れているかを見極める為です。

何度も肘内障を起こす子供は嵌入が取れ切れておらず、ブランコから降りるだけで発症した子供もいました。

成長段階なので、嵌入を取り除き成長していけば抜ける事は無くなります。

整復と予防

当院では整復を行う時、親御さんにも説明し、もしもう一度起こる場合には親御さんに早急に整復していただくよう指導しています。

理由は反復的に肘内障になると子供が腕を動かす事を怖がり、遊ばなくなるためです。

緊張を早急に取り除く方法を知っていれば親も子供も不安は軽減します。

もし反復的に肘内障を起こす場合は来院して頂き嵌入の有無を全身の骨格バランスを確認します。

東洋医学では症状や疾患名にとらわれることなく全身状態を確認し、身体の中に隠れている使い方による患部の影響を紐解きます。

原因となる疾患にも原因があり、どんどん紐解いていくと「身体の歪み」「関節の圧縮率」「癒着」「皮膚の緊張」「内臓反射」「日常生活動作の偏り」などになります。

東洋医学のメリットは全身状態を把握している為、再発が非常に少ない事です。

肘内障のストレスを感じ緊張している脳をリラックスできる環境にするとで、自然治癒力が正常化し日にち薬が適応されます。

少しでも動くようになると必要以上に気にしなくなり、日常生活動作がリハビリになります。

そんな状態を早期に作り、解消のサポートをします。

ちはや鍼灸接骨院 髙橋裕介