足部疾患

第1ケーラー病でお悩みの方へ

後が良好な疾患なので、対策をしっかりすれば疼痛は解消します。

疼痛が残る場合は他の疾患との兼ね合いや足の機能を見直す必要があります。

骨端症の発症と経過

第1ケーラー病は足舟状骨の骨壊死・圧平化をきたす比較的稀な疾患です。

舟状骨の骨化が始まる3歳以降から10歳くらいまでの間に発症し、5~6歳に好発する予後良好な骨端症です。

男子に多く発症し、両側性の場合もしばしばみられます。

主症状は歩行時・運動時に起こる足部内側の疼痛です。

その他舟状骨部の圧痛・腫脹、ときには発赤・局所熱感を伴う事があります。

足の運動制限は殆どないものの、疼痛を避けるために外側荷重・踵足位歩行などの跛行を行うようになります。

これらの症状は1ヶ月程度で解消する事が殆どです。

病因は他の骨端症と同様に循環障害・骨化障害・外傷・感染・炎症など多くの説がありますが、統一した見解が得られていません。

どの骨端症も荷重による外傷が有力ではあるものの、様々な要因が複合的に重なり発症していると考えられています。

骨化異常・化膿性骨髄炎・結核・捻挫など鑑別を要する疾患もありますが、X線像と症状でおおよそ見当が付きます。

当院が行う解消対策

来院される方は「癒合後に疼痛が解消しない」「跛行が解消しない」が殆どをしめます。

癒合いているので骨端症ではない事は事実ですが、疼痛や跛行の原因が骨端症に要因がある事に違いはありません。

足部全体の形状把握とアーチの機能を確認し、荷重がしっかりかかる足なのかを判断します。

殆どの場合、荷重に耐える事が出来ていない為に疼痛が解消していないので、足だけでない全身の安定性を再構築します。

東洋医学では症状や疾患名にとらわれることなく全身状態を確認し、身体の中に隠れている使い方による患部の影響を紐解きます。

どんどん紐解いていくと「身体の歪み」「関節の圧縮率」「癒着」「皮膚の緊張」「内臓反射」「日常生活動作の偏り」などになります。

東洋医学のメリットは全身状態を把握している為、再発が非常に少ない事です。

第1ケーラー病のストレスを感じ緊張している脳をリラックスできる環境にするとで、自然治癒力が正常化し日にち薬が適応されます。

少しでも動くようになると必要以上に気にしなくなり、日常生活動作がリハビリになります。

そんな状態を早期に作り、解消のサポートをします。

ちはや鍼灸接骨院 髙橋裕介