手指関節部疾患

へバーデン結節でお悩みの方へ

年齢の増加と共に発症しやすい、指先の痛みと変形。

なかなか解消せず、放っておくとどんどん変形が進み、細かい動きにストレスを感じるようになります。

原因は老化ではなく、解消方法もあります。

〇 突き指をした訳でもないのに指を動かすと痛い

〇 朝、家事をしようとすると指がこわばって動きが悪い

〇 指がどんどん曲がってきている

〇 人前で指を見せるのが嫌で、外出する気持ちがなくなっている。

〇 周りの人たちからリュウマチの心配をされて病院に行ったが、リュウマチではなかった

〇 薬では痛みが取れず、変形も進んでいて不安でどうしていいか分からない

施術実績だけでなく、その患者さんたちの症状が解消した実績も多い理由は、「症状が出現した経緯を診る鑑別力」と「原因となるポイントを的確にアプローチ出来る手技療法」がある為です。

ポイント1 ヘバーデン結節の原因究明

へバーデン結節はDIP関節(第一関節)にみられる硬い腫脹(しゅちょう)で、一時発赤と共に疼痛を伴います。

変形と可動域の悪化が一定期間進行すると、その後は進行が止まり疼痛も軽減する疾患です。

45歳以上の女性に多く、進行期間は数か月から数年と考えられています。

PIP関節の変形と疼痛は「ブシャール結節」と呼びます。

ヘバーデン結節はレントゲン写真による骨棘(こつきょく)と、関節痛があれば指の変形が無くても診断名が付きますが、原因は解明されていません。

その為、老化による問題と説明されることが多々あります。

変形の程度や期間も個人差が大きく、どの程度まで変形するのか予測が難しい疾患です。

変形性関節症についてはコチラに詳しく記載しています。 → 「変形性関節症でお悩みの方へ

対処方法は、変形後に疼痛が軽減する為、前衛的な対処は行われず、投薬・固定・安静が一般的です。

変形した指を常に確認し、「お金を出す」「食事をする」など自分以外の人が指を見る機会も多々あります。

そのたび「曲がっている指を見られたくない」と不安になる人も多いと思いますが、諦める必要はありません。

変形と指の曲がりは別問題です。

補足 加齢と軟骨

老化とは人体に60兆個ある細胞内の水分減少の事をいいます。

「軟骨が薄くなっていく」「シワが出てくる」「身長が低くなる」これらは細胞の水分減少が大きな原因の1つで、施術により緩和する方法はありますが限界があります。

へバーデン結節になると、関節軟骨のすり減りを指摘され、使いすぎだと言われる事もあるかもしれませんが、痛みや変形が無い指でも軟骨は薄くなっています。

人は同じように毎日年齢(生きている時間)が増えています。

そして、女性に多く男性に少ない要因を加齢のせいにするのは辻褄が合いません。

ヘバーデン結節で悩まれている方で、若い頃から指先を異常に使う職種の場合、殆どの人で関節軸が不安定になっています。

女性に多い理由は、家事による指先の急激な温度変化にあると考えています。

ポイント2 現状把握

指は毎日たくさんの動きをしている関節です。

その為、1つの原因を特定する事が難しいと考えられています。

しかし、細かく問診と触診を行う事で現状を把握する事が出来ます。

【現状把握で診得ること】

〇 肉体的ストレスによる身体の歪み

〇 精神的ストレスからくる呼吸量の低下

〇 社会的ストレスからくる頭蓋の緊張

〇 普段の立ち方・座り方

〇 食生活からくる内臓の緊張

〇 循環不全が起こす局所冷感(きょくしょれいかん)

などなど、様々な影響に対し身体が対応出来ているか確認する事で、根本的原因にたどり着くことが出来ます。

ここで知っておいて欲しい事があります。

ヘバーデン結節は指に起こる症状ですが、原因は指以外の場所にもあり、「痛みの問題」と「変形の問題」を分けて考える必要があります。

痛みの解消は可能です。

変形の解消は状況確認しないと分かりません。

変形が強くても痛みは解消できますが、痛みの解消に比例して変形は解消しません。

指の変形には様々な要因が隠れています。

第一関節の変形の原因が手首や肩関節の影響だったことも多々あります。

指だけにとらわれずに対策していく事で早期解消しやすくなります。

補足 ホルモンとヘバーデン結節

第一関節の痛みと変形を問題に整形外科を受診された場合、「関節リウマチ」「腱鞘炎」「関節炎」「へバーデン結節」に大体分類されます。

これらの中で関節リウマチのみ対応方法が違い為、問診後に血液検査とレントゲンを実施します。

その結果、血液検査でリウマチの可能性が低く、レントゲン上に若干の異常が見られ場合、年齢を加味し診断名が決まります。

関節リウマチでもヘバーデン結節でも、第一関節部疾患での手術適応は非常に稀です。

整形外科でたくさんの患者さんの施術をしましたが、「腱鞘炎」も「へバーデン結節」「関節炎」も施術後の経過は良好な場合が多く、それを知っている院長先生がどんどん施術を進めてくれました。

私が働いていた整形外科の先生の口癖は「僕は手術をする人。それ以外はあなたたちが施術する」でした。

その時の経験が大きいので施術に不安はありません。

院長先生と、「ホルモン異常とヘバーデン結節」について話し合ったことがありますが、「もし閉経によるホルモンの要因が強いのであれば、もっとへバーデン結節の患者さんが日本に多くても良いはず。ホルモン療法もさほど効果はない」と返答いただきました。

加齢による軟骨の代謝障害による変形が原因とされることについても、「それなら手の第一関節だけでなく、リウマチのように全身に出ないことがおかしい」との見解でした。

そのことからも当院ではホルモンの変化や加齢による原因があったとしても、一番大きな原因ではないと考えています。

ということは、はっきりとした原因は整形外科では分類できていないということです。

分類が出来ていない症状に投薬・注射・固定をしても変化が無いのは当然です。

受診しても症状に変化が無かったのは、加齢やホルモンの関係ではないからです。

それ以外の原因と対策をとるために次のステップに進む時期です。

整形に通っていたことは無駄ではありません。

ポイント3 自然治癒力の活性化

ヘバーデン結節の痛みは日常動作に多くの原因が潜んでいます。

「安静にしていれば軽減する」と言われていますが、手を痛みのない範囲で使いながら生活する事は不可能です。

安静が優先事項の疾患は、根本的な原因にたどり着けず、再発しやすくなります。

指の動き方を理解し、自然治癒力が効果的に働くように関節軸をなんて安定させていくと気にせず使う事ができるようになり、変形の進行も食い止める事が出来ます。

東洋医学的鑑別法を用いて、症状や疾患名にとらわれることなく全身状態を確認し、身体の中に隠れている使い方による患部の影響を紐解きます。

どんどん紐解いていくと「身体の歪み」「関節の圧縮率」「癒着」「皮膚の緊張」「内臓反射」「日常生活動作の偏り」など、整形外科では伝えられない要因が露出してきます。

東洋医学的鑑別法のメリットは全身状態を把握している為、再発が非常に少ない事です。

現状把握の結果、導き出された要因に対する手技療法を行う事で、ストレスを感じ緊張している脳をリラックスできる環境にすることで、自然治癒力が正常化し日にち薬が適応されます。

少しでも動くようになると必要以上に気にしなくなり、日常生活動作がリハビリになります。

そんな状態を早期に作り、解消のサポートをします。

追記

※体験談は施術を受けた患者さん個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

他にも多くの体験談を頂いています。

是非ご覧ください。→ 体験談総集ページに移動

最後まで読んで頂きありがとうございます。

患者さんたちがいい結果に結びついてるのは、希望と期待を持って継続来院してくれた結果です。

来院して頂ければ、全力でサポートします。

必要なことは行動に起こす事です。

当院が最後の整骨院になるようお待ちしています。

気になることがあれは、何でも相談してください。

ちはや鍼灸接骨院 髙橋裕介