腰部疾患

椎間関節性腰痛でお悩みの方へ

ヘルニアや狭窄症に比べて、メジャーでありませんが、よく似た症状が起こります。

器質的原因が少ないので、早期解消しやすい疾患です。

腰椎にある椎間関節

腰椎は前面にある椎間板と後面にある椎間関節により脊柱の支持と運動を行っています。

椎間関節の疼痛には椎間板も関係しています。

腰椎の前面にあり、支持に重要な椎間板は年齢を重ねると水分量が減少し内圧が低下します。

このことで椎間関節は不安定になり間隙は狭くなります。

この状態が継続していくと椎間板は内部崩壊が進み、線維輪が断裂することで、椎間板の中心にある髄核が後方へ膨隆し、神経根に刺激する現象を椎間板ヘルニアと言います。

椎間関節は椎間板の内圧減少に起因する場合が多く、不安定になる事で関節包の弛緩や関節軟骨の退行変性が出現した状態での反復的刺激により発症します。

椎間関節性腰痛は椎間板が不安定になる年齢以降に発症し、若年層には起こりにくい疾患といえます。

疼痛の定義

椎間関節性腰痛の主症状は疼痛で、他の腰痛と違いがあります。

□ 一側性もしくは両側性の腰部・臀部痛・大腿外側への疼痛

□ 腰椎伸展位での疼痛増強

□ 病変椎間関節部の圧痛

整形外科では神経学所見の異常を認めず、CT・MRIによる関節裂隙の狭小や変形を認めた場合に診断されます。

よく似た疾患名で椎間関節症候群がありますが、こちらは突発的激痛が特徴で椎間関節性腰痛とは別疾患です。

当院が行う解消対策

椎間関節性腰痛は加齢・変形・椎間板の影響など様々要因が絡んでいますが、疼痛が解消できない訳ではありません。

椎間関節にかかる反復的刺激が原因で、反復的原因は日常生活動作が起因となっています。

加齢は全身の細胞1つ1つの水分減少です。

これは皮膚・軟骨・筋肉・骨・内臓・血管すべてに起こります。

何十年も行っている当たり前の動作を見直すタイミングです。

固定や湿布をしなくても今の身体に合ったバランスと生活動作を行えば症状から解放されます。

東洋医学では症状や疾患名にとらわれることなく全身状態を確認し、身体の中に隠れている使い方による患部の影響を紐解きます。

どんどん紐解いていくと「身体の歪み」「関節の圧縮率」「癒着」「皮膚の緊張」「内臓反射」「日常生活動作の偏り」などになります。

東洋医学のメリットは全身状態を把握している為、再発が非常に少ない事です。

椎間関節性腰痛のストレスを感じ緊張している脳をリラックスできる環境にするとで、自然治癒力が正常化し日にち薬が適応されます。

少しでも動くようになると必要以上に気にしなくなり、日常生活動作がリハビリになります。

そんな状態を早期に作り、解消のサポートをします。

ちはや鍼灸接骨院 髙橋裕介