手指関節部疾患

突き指でお悩みの方へ

手を使う球技の代表的疾患。

変形や可動域減少など後遺症を残さない為の対処方法は固定や引っ張る事ではありません。

指にかかる衝撃

突き指は別名、槌指やマレットフィンガーと言われ、指先から手首方向に衝撃が入ることで、爪の周囲にある腱を損傷し、DIP関節(第一関節)を完全に伸ばすことが出来なくなります。

腱の炎症だけで済む場合もありますが、断裂や剥離骨折も起こります。

衝撃は波紋の様に広がり、肘や首にまで達する人も多く、突き指後にむち打ち様症状を訴える人もいます。

ただの突き指と軽視して安易な対処を行う事はオススメしません。

指を引っ張る行為は損傷を断裂にし、関節内へ掌側板を誘導する結果、手術適応に発展します。

安固定も、変形や拘縮が起こり取り返しの付けないことになるケースもある為、注意が必要です。

指関節の構造

指は母指で2個、その他は3個の骨が連結することで、細かいものをつまんだり、荷物を持ったり、多様な動きを行います。

多様な動きを要求される関節なので、筋肉・腱・靭帯が無数に張り巡らされています。

指の関節の靭帯はグーパー関係なく緊張し、指の安定性を高めていますが、MP関節(第三関節)は、パーの状態では緊張せず緩んでいます。

手がどんな形で突き指したかによって、痛みが出ている関節だけでない部分の施術も必要で、その部分の対策が行われていない為に、症状が長期化し、後遺症が残ります。

痛みと腫れ

殆どの場合、DIP関節(第一関節)部に動作痛を感じます。

これは関節軸に対して直線的に衝撃が入る事が少ないため、関節が上下左右に誘導され関節内圧が変化です。

突き指時の手の動きによってはPIP関節(第二関節)に痛みを感じることもあり、腫れや圧痛、内出血を伴うケースもあります。

断裂や剥離骨折は触診すると触れる程度で激痛を感じる部分があるので分かりやすく、その部分をエコーで確認することで二重チェックが出来ます。

痛み自体はさほど期間がかからず解消しますが、可動域は手や腕を全体的に確認してみないと判断しにくいです。

当院が行う早期解消対策

突き指は初期対策が重要です。

「固定して安静にしていれば軽減する」と言われていますが、痛みが軽減してきて固定具を外すと必ず関節がスムーズに動きません。

過去に同じ指を突き指した事ある場合、可動域が戻っていない場合、手首捻挫の経験がある場合などは慎重に状況把握を行い、段階的施術が必要です。

東洋医学では症状や疾患名にとらわれることなく全身状態を確認し、身体の中に隠れている使い方による患部の影響を紐解きます。

どんどん紐解いていくと「身体の歪み」「関節の圧縮率」「癒着」「皮膚の緊張」「内臓反射」「日常生活動作の偏り」などになります。

東洋医学のメリットは全身状態を把握している為、再発が非常に少ない事です。

突き指のストレスを感じ緊張している脳をリラックスできる環境にするとで、自然治癒力が正常化し日にち薬が適応されます。

少しでも動くようになると必要以上に気にしなくなり、日常生活動作がリハビリになります。

そんな状態を早期に作り、解消のサポートをします。

ちはや鍼灸接骨院 髙橋裕介