膝関節疾患

オスグッド病でお悩みの方へ

成長痛とて有名な膝関節周囲痛。

成長速度による影響は無視できませんが、安静にしておく必要は無く、成長を促進させるためにも適度な運動は必要です。

膝関節周囲の成長痛

成長痛は全身で起こるものですが、変形が伴う部分は膝周囲に多くみられます。

膝蓋骨の下縁に発症する炎症、Sinding-Larsen-Johansson(シンディン・ラーセン・ヨハンソン)病

膝蓋骨下方部脛骨粗面に発症する骨端炎、Osgood-Schlatter(オスグッド・シュラッター)病

この二つが代表的です。

成長は全身で起こるにも関わらず、膝関節に激痛や変形が出やすいのは、骨の形成途中にも関わらず大腿四頭筋の腱が付着する部分に衝撃が集中的に入るのが理由に挙げられます。

早期対応

痛みは脛骨粗面に集中する場合が多く、膝立ちでの圧痛もあります。

当初は運動時痛のみですが、症状が進行すると歩行時痛や椅子に座っているだけでも痛みを伴い、ズボンが触れるだけでも痛いケースもあります。

そうなると生活動作中、意識的にかばう動きを行うようになることで身体の捻じれが強固になり、症状が長期化する傾向にあります。

膨隆と痛みが比例しないと記載しましたが、かばう動作が強くなると膨隆の進行スピードは上がります。

膨隆が少ない時の方が施術後のケアも簡単なので、早期対策を考える疾患です。

成長だけが原因では無い

成長は誰でも起こる事ですが、成長痛は誰でも起こる事ではありません。

成長痛だから「安静」にし、成長が落ち着くのを待ったり、「補助具:サポーター・テーピング」で状況把握せずに固定しても解消しにくいです。

同じようにプレーしている他の選手に起こっていないのに自分だけ発症している理由

自分より成長している友人がみんな発症していない理由

まずはここを考えてみましょう。

成長だけが原因ではなく、それ以外の原因を考えないと「安静にしてたけど、復帰したらすぐ痛みが出た」なんて最悪な結果になる恐れもあります。

跳躍スポーツとオスグットの関係性も言われていますが、跳躍スポーツで起こる地面からの衝撃を下肢のどの部分を中心に分散しているかが重要です。

分散がうまく行えていないのであれば、跳躍スポーツでなくても起こります。

膝関節中心の衝撃分散はオスグットの人に特徴的にみられます。

ストレッチの疑問

早期にしっかり施術すれば骨の膨隆も抑えられ、再発も防止できます。

発症原因は「大腿四頭筋の伸張力」と言われていますが、伸張力の上がっている筋肉や腱をそれ以上に伸張させるストレッチのどこに有効性があるのでしょうか

痛みがある場合、患部周囲は防御反応が強く、これ以上悪くならないようにするために緊張させています。

意図して緊張させている筋肉をストレッチする行為は身体のメカニズムを無視した行為です。

ストレッチは症状が解消した後に行う方が効果的です。

当院が行う解消対策

脛骨粗面は膝関節や股関節、そして足関節と密接なつながりある部分として重要な場所となっています。

来院された殆の方は下肢全体の関節の安定性に偏りがあり、歪みが生じています。

分かり易い例で言うと、「立っているときに小指側に極端に重心がずれてる」「足指の可動制限」「股関節の筋力差」などです。

偏りを解消していくことで、脛骨粗面のストレスが軽減すると、症状の進行は防げるだけでなく、自然治癒力が効果的に働くので、スムーズに解消していきます。

重症の方や発症からかなりの時間が経過している方を除いて脛骨粗面の膨隆もなくなっていきます。

膨隆の変化は当院の強みでもあるエコー(超音波画像診断装置)を使用してリアルタイムで確認でるので安心してください。

東洋医学では症状や疾患名にとらわれることなく全身状態を確認し、身体の中に隠れている使い方による患部の影響を紐解きます。

どんどん紐解いていくと「身体の歪み」「関節の圧縮率」「癒着」「皮膚の緊張」「内臓反射」「日常生活動作の偏り」などになります。

東洋医学のメリットは全身状態を把握している為、再発が非常に少ない事です。

オスグッド病のストレスを感じ緊張している脳をリラックスできる環境にするとで、自然治癒力が正常化し日にち薬が適応されます。

少しでも動くようになると必要以上に気にしなくなり、日常生活動作がリハビリになります。

そんな状態を早期に作り、解消のサポートをします。

ちはや鍼灸接骨院 髙橋裕介