膝関節疾患

膝蓋骨亜脱臼症候群でお悩みの方へ

亜脱臼のは膝蓋大腿関節だけの問題ではありません。

全身のバランスや偏りを戻し、生活習慣に気をつければ、症状は解消していきます。

膝蓋骨亜脱臼症候群とは

膝蓋骨の過度運動性に起因するもので、女性に多く、膝前部痛と膝蓋骨の不安定性を主訴としている疾患です。

膝蓋骨軟骨症の原因として考えられています。

膝崩れ現象を起こす場合がありますが、前十字靭帯損傷ほど強い膝崩れではありません。

膝蓋骨亜脱臼症候群は肩関節脱臼と同じ様に分類化されています。

習慣性膝蓋骨亜脱臼:膝関節のある一定の屈曲角度で必ず亜脱臼する場合

習慣性膝蓋骨脱臼:膝関節のある一定の屈曲角度で必ず脱臼する場合

反復性膝蓋骨脱臼: 膝蓋骨が時々脱臼を繰り返す場合

膝蓋大腿関節内側部に圧痛があり、脱臼時には関節血症が発生します。

生活動作・スポーツ動作以外にも膝蓋骨を何かに軽くぶつけるだけでも亜脱臼する方もいます。

脱臼・亜脱臼後の整復動作による二次的疾患もありますので、継続発症している場合は対策する必要があります。

当院が行う解消対策

膝蓋骨亜脱臼症候群は殆どの場合、成長による全身のアライメント不良との関連性が高いと考えています。

その為、固定や筋力強化で解消できない事があります。

手術でもアライメント矯正を行っていますが、手術を行なわずに済む場合が多くあります。

当院に来院されたクライアントさん達も、アライメント不良の解消により関節面の圧力を正常に戻す事が出来ました。

強固な固定やスポーツ時のテーピングによる誘導は二次的な後遺症になるので、注意してください。

東洋医学では症状や疾患名にとらわれることなく全身状態を確認し、身体の中に隠れている使い方による患部の影響を紐解きます。

どんどん紐解いていくと「身体の歪み」「関節の圧縮率」「癒着」「皮膚の緊張」「内臓反射」「日常生活動作の偏り」などになります。

東洋医学のメリットは全身状態を把握している為、再発が非常に少ない事です。

膝蓋骨亜脱臼症候群のストレスを感じ緊張している脳をリラックスできる環境にするとで、自然治癒力が正常化し日にち薬が適応されます。

少しでも動くようになると必要以上に気にしなくなり、日常生活動作がリハビリになります。

そんな状態を早期に作り、解消のサポートをします。

ちはや鍼灸接骨院 髙橋裕介