股関節鼡径部疾患

梨状筋症候群でお悩みの方へ

梨状筋がなぜ異常緊張を続けているのかを紐解くとおのずと症状は解消します。

あまり深く考えず、シンプルに対応する事が近道です。

梨状筋とは

梨状筋とは臀部の分厚い筋肉の深部にある小さな筋肉です。

仙骨の前面から起こり、大坐骨孔を通り骨盤の外に出て大転子先端の後縁に停止します。

周囲の筋肉と協力し、股関節の外旋時(きをつけの状態からつま先を外側に向ける)に収縮します。

骨盤内から臀部に出る血管・神経はすべて梨状筋の上か下で大坐骨切痕を通過します。

梨状筋上孔:上殿神経・上殿動脈

梨状筋下孔:下殿神経・下殿動脈・坐骨神経

梨状筋症候群とは

坐骨神経痛の原因と考えられており、梨状筋の異常緊張により坐骨神経が圧迫牽引されることで発生する症状の総称です。

腰椎椎間板ヘルニアと混同されがちですが、現在ではMRI検査でヘルニアが認められない臀部から下肢への痛み(放散痛)がある場合に使用されることが多くあります。

梨状筋部を押すことで痛みや下肢への放散痛が強くなります。

その他、胡坐で症状が緩和し、お姉さん座りで症状が増悪します。

長時間の歩行や座りっぱなしでの悪化、横になっていると軽減するケースもありますが、個人差が非常に大きく、梨状筋症候群特有の症状とはなりません。

坐骨部や仙骨部に痛みを感じる事もありますが、純粋な梨状筋症候群は坐骨神経沿いにのみ症状が出現します。

それ以外の箇所に症状が出現する場合は梨状筋症候群にプラスαで他の疾患も考える必要性があります。

ヘルニアの手術を行なったけれど症状の変化がない方も、梨状筋の状態観察が必要です。

当院のアプローチ

梨状筋症候群は全身状態の把握が非常に重要です。

その為、当院では骨格や筋肉だけでなく、横隔膜や内臓の柔軟性も確認しています。

これは梨状筋症候群の方の殆どが肋骨の緊張や横隔膜の可動制限を持っているからです。

緊張を優しく誘導して安定状態を作り、呼吸のしやすい身体・地面にしっかり立てれる身体を作ることで症状の改善を図ります。

東洋医学では症状や疾患名にとらわれることなく全身状態を確認し、身体の中に隠れている使い方による患部の影響を紐解きます。

どんどん紐解いていくと「身体の歪み」「関節の圧縮率」「癒着」「皮膚の緊張」「内臓反射」「日常生活動作の偏り」などになります。

東洋医学のメリットは全身状態を把握している為、再発が非常に少ない事です。

梨状筋症候群のストレスを感じ緊張している脳をリラックスできる環境にするとで、自然治癒力が正常化し日にち薬が適応されます。

少しでも動くようになると必要以上に気にしなくなり、日常生活動作がリハビリになります。

そんな状態を早期に作り、解消のサポートをします。

ちはや鍼灸接骨院 髙橋裕介