産前産後疾患

産後の身体調整でお悩みの方へ

産後は体調管理が難しい状態が続きます。

骨盤調整だけでなく、全身調整する事で、育児中の不定愁訴を予防する事が出来ます。

身体調整が必要な理由

産後は胎児が体外に出る事で、急激な体重減少が起こります。

その為、姿勢維持機能が安定せず、体調コントロールが難しく、自律神経に過剰なストレスがかかります。

産後は骨盤調整のイメージだとは思いますが、骨盤調整だけではなく全身調整が必要です。

妊娠・出産による骨盤の動き

女性の骨盤は男性の骨盤に比べ、幅が広く高さは低い構造をしています。

1つ目は、骨盤上口を広く確保する為です。

胎児が体内で大きくなる受け皿になる為、横に面積が大きい骨盤内の骨盤腔と腹腔により成長出来ます。

妊娠中は腹圧の増加、姿勢維持機能の変化により腰痛・仙腸関節痛・恥骨痛・坐骨神経痛など不調を訴える場合が多くあります。

2つ目は出産時の産道の確保です。

骨盤内にある産道は直線では無いく、弯曲しています。

その為、出産が近づくと恥骨結合が緩み骨盤上口を広げます。

それでも狭く弯曲した産道を、胎児は頭から右回転しながら上手く避けて体外へと出てきます。

妊娠と出産を期に体内圧が変化します。

骨盤が出産前の状態に戻ればいいのですが、助産師さんが少なくなった昨今では、定型的出産が多くなり、出産直後に骨盤の安定性を高めてくれる産婦人科は非常に稀です。

出産後の身体影響

出産は自然現象です。

その為、ある程度プログラム化されています。

しかし、定型的出産による身体ストレスによる影響が多く残ります。

視覚的影響として残りやすいのが、下腹部の贅肉と尿漏れです。

これらは身体のバランスが安定していない事の指標になります。

【贅肉】

妊娠中、腹腔内に胎児がいる為、内臓は本来の位置よりも上方に引き上げられます。

出産後、内臓の位置が出産前の位置に戻ればいいのですが、内圧が安定しない事が多い為、内臓は引く上がった状態が続き、胎児が居た場所は空洞化します。

その為、空洞化した所を埋めようと脂肪を集め安定化を図ります。

これが出産後、下腹の贅肉が取れにくい理由です。

【尿漏れ】

出産後の骨盤底筋と腹圧を構成する腹筋群のバランス、上記で説明した内臓のポジショニングにより膀胱括約筋が収縮しにくい状態となる為に起こります。

下腹部の贅肉も筋力低下により起こる場合もありますが、腹圧がかかりにくい状況は継続すると腰痛の原因になります。

この2つの影響以外にも出産による脊柱の不安定感による自律神経症状・疼痛・むくみに悩まされている人が多くいます。

その為、当院では骨盤に限定せず、全身の安定性を高めるアプローチを行っています。

当院のアプローチ

出産後の全身調整は、自覚症状がなくても受ける事をオススメしています。

理由としては、症状がない事が安定性が高い事ではない為です。

十月十日の期間でホルモンは変化し、身体のバランスも変化し、出産ではエネルギーを多く使用します。

出産後は即育児に切り替わる為、一息付けず気を張っている状態が続いています。

その為、身体のバランスをリセットし、育児に集中出来る身体にすることで、育児中の疼痛の予防にもなります。

東洋医学では症状や疾患名にとらわれることなく全身状態を確認し、身体の中に隠れている使い方による患部の影響を紐解きます。

どんどん紐解いていくと「身体の歪み」「関節の圧縮率」「癒着」「皮膚の緊張」「内臓反射」「日常生活動作の偏り」などになります。

東洋医学のメリットは全身状態を把握している為、再発が非常に少ない事です。

すべり症のストレスを感じ緊張している脳をリラックスできる環境にするとで、自然治癒力が正常化し日にち薬が適応されます。

少しでも動くようになると必要以上に気にしなくなり、日常生活動作がリハビリになります。

そんな状態を早期に作り、解消のサポートをします。

ちはや鍼灸接骨院 髙橋裕介