足首部疾患

足根骨癒合症でお悩みの方へ

癒合していても疼痛を解消する事は可能です。

ひとつひとつ鑑別し、現状のストレスの原因を紐解きます。

足根骨癒合症とは

足根骨癒合により、足部のスムーズな動きが障害され、活動が活発になる10歳前後の子供の足部運動痛を起こす疾患です。

癒合部は発生段階での分離不全と考えられ、幼児期には軟骨で連続しているように示されます。

同部は次第に骨化し、10代前後から可動域制限が始まり、疼痛を伴うようになります。

癒合部位は距骨下関節中関節面がもっとも多く、次いで踵舟間が多いとされています。

安静痛はなく、長距離歩行やランニングなどで疼痛が出現します。

腓骨筋群の強収縮により腱の膨隆がみえ、足関節底屈・内がえしが困難な状態になります。

この動作を強制的に行わせると足関節外側から下腿外側にかけて強い疼痛を訴えます。

この状態を痙直性偏平足(PSFF)とも呼びます。

類似疾患

症状が足関節捻挫(外側距踵靭帯損傷)と類似している事から、捻挫の治療を長期間受けている場合があります。

その他にも

踵骨嘴状突起骨折

距骨後結節骨折

有痛性外脛骨

距骨下関節の炎症性疾患

など鑑別疾患が多い為、症状の解消が長期化している場合はセカンドオピニオンなど別の対策をオススメします。

当院が行う解消対策

足根骨癒合症は皆がPFSSまで症状が悪化する事はありません。

癒合年齢が10歳代なので早期に身体のバランスをコントロールしていれば、癒合しても疼痛はありません。

女性の場合、ヒールやドライビングシューズなと靴の選択も年齢が上がるにつれ、多くなります。

成人するまでの対応が無症状で靴を気兼ねなく選択できる将来になります。

東洋医学では症状や疾患名にとらわれることなく全身状態を確認し、身体の中に隠れている使い方による患部の影響を紐解きます。

どんどん紐解いていくと「身体の歪み」「関節の圧縮率」「癒着」「皮膚の緊張」「内臓反射」「日常生活動作の偏り」などになります。

東洋医学のメリットは全身状態を把握している為、再発が非常に少ない事です。

足根骨癒合症のストレスを感じ緊張している脳をリラックスできる環境にするとで、自然治癒力が正常化し日にち薬が適応されます。

少しでも動くようになると必要以上に気にしなくなり、日常生活動作がリハビリになります。

そんな状態を早期に作り、解消のサポートをします。

ちはや鍼灸接骨院 髙橋裕介