肘関節部疾患

テニス肘でお悩みの方へ

スポーツ競技者に起こる代表的肘関節疾患である「テニス肘」「野球肘」「ゴルフ肘

肘周囲の疾患はフォームの癖が原因いなりやすく、補助具(サポーターやテーピング)だけでは軽減することが出来たとしても解消は難しい疾患です。

※ スポーツを行っていない方でテニス肘と診断された方はこちらのページをご覧ください→「上腕骨外側上顆炎でお悩みの方へ

テニス肘は総称名

テニス肘はスイングを反復的に行う事で起こる肘関節外側周囲疼痛性疾患の総称です。

発症要因はオーバーユース(反復刺激)により、前腕伸筋群の付着部である上腕骨外側上顆部分の微小な断裂や変性、骨膜の炎症と定義されています。

総称の為、外側上顆炎以外にも、離断性骨軟骨炎、疲労骨折、関節遊離体、絞扼性神経障害、伸筋腱断裂なども含み、これらはすべて上腕骨外側上顆部分の疼痛と圧痛を主徴としています。

上記の疾患は鑑別しやすいので、テニス肘とは言われず、固有疾患名の診断を受けます。

問題なのは鑑別されない炎症によるテニス肘です。

経過観察のテニス肘

上記した様にテニス肘でも固有の疾患名がある場合はその対策を優先します。

問題は「安静」「投薬」「固定」を勧められたテニス肘です。

スポーツは休息を必要としますが、長期の休息は筋力低下・動体視力の低下・試合勘の低下などメリットよりもデメリットの方が多くなります。

その為、休息や安静期間を短くし、早期に競技復帰を目指す必要があります。

その為には段階的に復帰するプログラムを立て、プレーしながらリカバリーしていく事が最良の手段だと考えています。

ラケットの握り方

細かい癖の修正の一つに指の使い方があります。

指は万遍なく使用することで負荷を分散しています。

あなたは万遍なく五本の指でラケットを握っていますか。

テニス肘を発症するプレイヤーは親指・示指の力が強く、薬指・小指が弱い傾向があります。

これでは負荷を分散する事は出来ず、使い続けると痛みが増強します。

この間違いに気づかず、エルボーバンドやテーピングなどをしていると、関節周囲の筋肉や筋膜に過剰な負荷が二次的にかかるり、癒着や絞扼が進行し、症状が解消しにくくなります。

補助具を使用するには現状把握を行い、動作改善とセットで行うことが大切です。

当院が行う早期解消対策

テニス肘は施術だけでなく動作の癖を見抜くことが重要です。

東洋医学では症状や疾患名にとらわれることなく全身状態を確認し、身体の中に隠れている使い方による患部の影響を紐解きます。

どんどん紐解いていくと「身体の歪み」「関節の圧縮率」「癒着」「皮膚の緊張」「内臓反射」「日常生活動作の偏り」などになります。

東洋医学のメリットは全身状態を把握している為、再発が非常に少ない事です。

テニス肘のストレスを感じ緊張している脳をリラックスできる環境にするとで、自然治癒力が正常化し日にち薬が適応されます。

少しでも動くようになると必要以上に気にしなくなり、日常生活動作がリハビリになります。

そんな状態を早期に作り、解消のサポートをします。