手首部疾患

腱鞘炎でお悩みの方へ

発症者が増えつつある腱鞘炎。

固定など保守的な対策よりも、炎症の原因となる根本的な使い方を見直すと解消までの時間も短く、再発もしにくくなります。

炎症の原因は不明確

腱鞘炎は手の運動を行う上で必要な「腱」と、腱の周囲で動きを安定させスムーズにする「腱鞘」からなっています。

摩擦・化膿・石灰沈着などで炎症を起こり、痛みと動きの制限を感じると言われていますが、それは画像所見上確認された場合の原因です。

殆どは画像所見上に問題は無く、理由が分からないので「使いすぎ」になります。

炎症が起こっている部分は滑液包といわれる部分です。

腱に接する部分の腱側滑膜性腱鞘、、外側部分の壁側滑膜性腱鞘、その周囲にある靭帯性腱鞘のどこかに影響が出現し発症します。

ここまでは検査により分かりますが、腱鞘のどの部分が炎症していたか分かっても部位ごとに原因がある訳では無く、発痛部位だけでなく広範囲で診ないと解消に至りません。

今後も増える腱鞘炎

パソコンやスマホの使用が時代流れにより当たり前になった昨今、小手先で出来る事が多くなっているのもあり、発症者が少しずつ増えています。

身体はたくさんの複合動作によって成り立っています。

にもかかわらず、手先しか使わないことが多くなっている事が原因です。

仕事や家事で手先しか動かさなくても、他の時間に全身を使うような動作をしていれば腱鞘炎になる頻度を減少させることができます。

これから先、動作が短絡化して行くことが予想される中で「使いすぎ」を危惧するより「使わなさ過ぎ」を考えるタイミングに来ています。

動作不足と腱鞘炎

腱鞘炎は動作の短絡化による身体の歪みの影響を大きく受けています。

「安静」「固定」が主流の腱鞘炎ですが、解消事例が少ないのは根本的原因を見落としているからです。

短絡化は瞬発的に起こるものではなく、身体の癖が長期的に続いた結果です。

「効率の良い身体の使い方」と「短絡的身体の使い方」は違います。

施術効果が持続しにくい理由もこれが原因で、歪みを取り除くだけでなく生活動作の癖を新たな癖に変更する事も必要になります。

「注射」「手術」も再発が言われるのは、歪みの解消と新たな癖の確立が行われていないからです。

当院が行う早期解消対策

腱鞘炎は日常生活動作に原因が潜んでいます。

「固定して安静にしていれば軽減する」と言われていますが、手先を使うことが多いので根本的部分の解消を行うためには使いながら解消することでどんな状況で軽減し、どんな状況で悪化するかを見極める必要があります。

過去に同じ指を腱鞘炎になった場合、可動域が戻っていない場合、突き指や手首捻挫の経験がある場合などは慎重に状況把握を行い、段階的施術が必要です。

東洋医学では症状や疾患名にとらわれることなく全身状態を確認し、身体の中に隠れている使い方による患部の影響を紐解きます。

どんどん紐解いていくと「身体の歪み」「関節の圧縮率」「癒着」「皮膚の緊張」「内臓反射」「日常生活動作の偏り」などになります。

東洋医学のメリットは全身状態を把握している為、再発が非常に少ない事です。

腱鞘炎のストレスを感じ緊張している脳をリラックスできる環境にするとで、自然治癒力が正常化し日にち薬が適応されます。

少しでも動くようになると必要以上に気にしなくなり、日常生活動作がリハビリになります。

そんな状態を早期に作り、解消のサポートをします。

ちはや鍼灸接骨院 髙橋裕介