• HOME
  • 手指関節の痛み
  • 使いすぎによる指の痛みのページ

使いすぎによる指の痛み

いつもと変わらず使っているにも関わらず、突然の痛みや気が付けば痛い状況が続く日々。

そんなこんなで我慢が出来なくなり病院へ受診

「使いすぎなので安静にしてね」と言われて湿布をもらって帰宅するもやはり痛い。

使いすぎといっても、いつもと同じことの繰り返ししかしていないのに・・・

「仕事や家事もあって安静になんてできない」

どうしたらいいですか?

そんなご相談を多く受けます。

こんな時、あなたはどうしますか?

安静にすることで軽減はしても改善は難しい

かりに安静にできる期間があり、ゆっくりしたとしましょう。

しかし、また同じように使った場合、あなたの指は悲鳴をあげそうなイメージをもちませんか?

施術中の相談で「またたくさん使ったら痛くなりませんか」との不安を口にされる方がいます。

この不安が解消されない限り、再発の可能性はなくなりません。

「指がいなくなった原因=使いすぎ」

これが負の連鎖の原因です。

指が痛くなった本当の原因は使いすぎだけではなく、もっと他に重大な原因があって起こっています。

その為、安静をやめると痛みが再度出現するのです。

使いすぎは痛みの原因であるかもしれませんが、たくさんある原因の一つであり、非常に少ないパーセンテージの問題です。

原因の多くは関節の歪み

痛みが継続する場合、原因として考えられる中の一つとして「関節の歪み」があります。

関節の歪みは見た目の歪みではなく、動きの中での歪みです。

歪みと聞くと「まっすぐにしないといけない」と言う心理が働きますが、それは答えではなく、動きの中で関節に適度な遊び(緩みやゆらぎ)があれば大丈夫です。

関節が歪み、動きが偏りすぎる事。

このことが指の関節だけでなく、手首、肘、肩、如いては全身の関節の偏りの結果で起こります。

人は不安になると改善しにくい

痛みが取れないと先の不安や、過去の後悔が頭をめぐります。

考えること自体はさほど問題はないのですが、考えている時間が長くなれば長くなるほど体の緊張が上がってくるために、体に落ち着きがなくなります。

この状態では良くなりたい事を考えるより、不安や後悔を考えている時間のほうが多くなっているので、自然治癒力の働きも低下します。

良くなるためには心技体のバランスは必要不可欠です。

不安を一瞬で取り除くことはそこに痛みがあると難しいことかもしれませんが、軽減させることはできることです。

不安を大きくするための情報ではなく、良くなるための情報をどんどん集めて、軽減している事に目を向けることが大切です。

施術

マッサージのように筋肉をもむことはせず、あなたに合った軽い刺激を皮膚に伝えることで骨格を元の位置に誘導していきます。

人には危険から身を守るために「防御反応」が備わっています。おなかが痛いときにお腹を抱えるようにうずくまる動作がこれに当たります。その為、痛みを伴っている状態でただ気持ちいいからと強い刺激でゴリゴリしても、その場だけの気持ちよさで、実は防御反応が強くなる為、効果を感じることは非常にまれです。

あなたの大切な人が痛みやしびれで不調を訴えてきた時、あなたはその方の皮膚を軽くさすり、良くなって欲しいと考えませんか?これが施術の根幹で「手当て」の名の由来です。身体を調整していく事で、気持ちよく身体が安定していきます。

患者さんからは「こんな事でなんで痛みがとれて身体が軽くなるのか分からないと言われます。

当院で行っている「手当て施術」の特徴でもある身体の大半をしめる皮膚と身体が正常に戻ろうとする反射を使い、手技で身体を安定させます。

痛みやしびれがある部分があったとしても、身体は一つです。

全身の調整を行う事でただ痛みが出ないだけでなく、症状が出る以前にも増して動きやすい身体になります。

ゴリゴリ・モミモミ系マッサージや保険診療をご希望の方は、お越しになられても、ご期待にそえません。鍼灸もその方の状態を確認し、この症状なら鍼灸のほうがスムーズにいい状態に戻っていくと感じたときのみ使用しています。基本使用しません。

出来ないことはない

良くなりたいと言う想いがあればできないことなどありません。

まずは体の現状把握をし、自然治癒力がしっかり働くからだ作りをしていく事をお勧めします。

自分ひとりでは無理、そんな方にはしっかりサポートしますのでご連絡ください。

ご予約・お問い合わせは、今スグこちらへ!

電話番号 078-861-1151

お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

電話をかける
メールでのお問い合わせ

ページトップに戻る