手指関節部疾患

ばね指でお困りの方へ

発症原因を「使いすぎ」と伝えられる場合が多い疾患ですが、指を使わない事は無理で、何をするにも指は動きます。

その為、動く指を「固定」して動かないようにしても、それでは何の解消にもなりません。

引っ掛からなければ腱鞘炎

ばね指は手のひら側の屈筋腱と腱鞘によって引き起こされます。

母指、中指、薬指に多く発生し、母指のみ剛直母指と別称されます。

西洋医学的原因として多いのが「腱の肥大や緊張」「腱の周囲を走る腱鞘の萎縮や炎症」「過剰な負荷による滑膜組織の破壊」「炎症のの長期化による隣接軟部組織の癒着」などです。

これは「腱鞘炎」の発症原因と同じです。

弾発現象(スナップ)と呼ばれる引っ掛かりが指に起こる事でばね指に名称変更します。

引っ掛かるかどうかは紙一重で、引っ掛かっているから重症なのかと言われるとそうではありません。

腱鞘を切った先に待ち構えているもの

症状が長期化すると投薬や注射では変化を感じず「手術」を選択する人が増えてきます。

引っ掛かりによる日常生活への影響は非常に大きく、目に見える変化が欲しくなります。

手術で腱鞘を切ると引っ掛かりは無くなります。

手術場所はノーマンズランド(人が踏み込んではならない領域)と呼ばれており、元々必要な腱鞘を切った事で腱が露出し再度炎症や癒着、最悪の場合壊死、が起こりやすくなります。

発症原因を解消せず、結果(弾発現象)をなかったことにする対策が将来的に吉と出るか凶と出るかは未知数です。

もし手術を考えているのであれば事前準備が必要です。

準備がしっかり出来れば結果的に手術の必要がなく可能性を大いに秘めています。

手周囲の疾患は全身の捻じれの始まり

結果として指周囲に出ているばね指

長期的にストレスをかけ続けていると「かばう」行為の代償として腕の使い方が変化するだけでなく、体幹を含めた全身のバランスを変化させます。

長期的になればなるほど解消しにくい手周囲の疾患には「発症するまでに起こっていた身体の捻じれ」と「発症後かばう事で起こった身体の捻じれ」が共存しています。

テーピングやサポーターなどの補助具で一時的に良くなったとしても効果が薄くなったり、そもそも効果が無いのは指だけに特化して対処して身体を見ていないからです。

腱鞘炎がばね指に移行した人は、原因が沢山ある為に解消しにくくなっています。

安静以外の対策を考える必要があります。

当院が行う早期解消対策

ばね指は日常生活動作に原因が潜んでいます。

「安静にしていれば軽減する」と言われていますが、近年はスマホやパソコンなど指を使うことが多くなり、手を痛みのない範囲で使いながら生活する事は不可能です。

東洋医学では症状や疾患名にとらわれることなく全身状態を確認し、身体の中に隠れている使い方による患部の影響を紐解きます。

どんどん紐解いていくと「身体の歪み」「関節の圧縮率」「癒着」「皮膚の緊張」「内臓反射」「日常生活動作の偏り」などになります。

東洋医学のメリットは全身状態を把握している為、再発が非常に少ない事です。

変形性肘関節症のストレスを感じ緊張している脳をリラックスできる環境にするとで、自然治癒力が正常化し日にち薬が適応されます。

少しでも動くようになると必要以上に気にしなくなり、日常生活動作がリハビリになります。

そんな状態を早期に作り、解消のサポートをします。

ちはや鍼灸接骨院 髙橋裕介