• HOME
  • 膝の痛み
  • 鵞足炎・膝内側部痛・膝を曲げると痛いのページ

鵞足炎・膝内側部痛・膝を曲げると痛い

  • 階段の上り下りや屈伸した時に膝の内側に痛みが出る
  • 内転筋やハムストリングのストレッチをしようとすると痛みが出る
  • ランニングや反復的にジャンプをすることで痛みを感じ
  • 動作をしなくても痛み部分を押すたけで痛みを感じる
  • 鵞足炎と言われストレッチしても変化がない

鵞足炎とは

膝関節の内側部に起こる炎症で、膝の内側の骨の出っ張った部分と腱との間に膝の屈伸運動の反復により摩擦が起こり、腱に炎症が出現します。

その他にも鵞足と膝の内側の骨との間には、摩擦を防ぐための滑液包が炎症を起こすこともあります。この場合、鵞足炎滑液包炎と呼ばれますが、整形外科では両方の疾患をまとめて鵞足炎と答えているケースが多いです。

ランニング、バトミントン、野球、サッカー、ロードバイク、スケート、登山など、過剰な屈伸動作が入りにくいスポーツでも症状が出現し、運動をしていなくても、庭の草抜きや、引っ越しによっても出現します。

殆の場合が片側に発症し、左脚に多い傾向があります。

鵞足とは

太もも後方にあるハムストリングの一部の半腱様筋、太もも前面にある縫工筋、太もも内側にある薄筋と呼ばれる3つの筋肉が別々の部位から膝の内にある脛骨付着部に腱になりくっつきます。

くっついた形が鳥の足のように見えることからその三つの腱を合わせて鵞足と呼ばれています。

鵞足炎は触ると痛い

鵞足炎は動作痛がある部分と圧痛を感じる部分が同じです。

鵞足を形成している3つの筋肉の緊張状態も上がっているので、筋肉事態に圧痛を感じることもあります。

炎症状態が強くなってくると、腫れと熱感が出現し運動後の方が痛みが強いを訴える方や安静痛を訴える方も多くなってきます。

鵞足の近隣には内側側副靭帯や内側半月板、内側関節包もあり、動作痛と圧痛があるからと言ってすべて鵞足炎だと考える事の無いようお気をつけください。

鵞足炎になりやすい人

鵞足炎は部活で同じように運動をしたり、同じように草抜きしても全員がなる疾患ではありません。

そこには必ず身体的原因があります。

X脚、筋肉オーバーユース、身体の硬い人、全身の歪み、膝関節主体の運動動作この5つが原因として多く感じられます。

膝が痛いので膝のみの問題だと考えてしまいがちですが、全身のバランスが非常に重要な疾患です。

発症中で改善の変化を感じることが出来ない方は、膝関節以外の動作に目を向かる必要があります。

一般的な整形外科的処置

鵞足炎は基本レントゲン写真に異常は認めません。

その為、まずは湿布や痛み止めの服用、運動の中止や安静を勧められます。

リハビリとしてはストレッチやテーピング、温熱療法や電気療法がありますが、飛躍的改善は難しいです。

膝の内側は内側半月板や内側側副靭帯、変形性膝関節症、タナ障害など疾患名が多く、改善が見られない場合はMRIやCTを撮り原因を再度探します。

年齢が増えるにつれ、膝関節は変形していく傾向があるので、鵞足炎でも変形性膝関節症の病名でリハビリを行っている場合も多くあります。

関節の隙間が狭くなることや変形すること自体は膝に疾患がない方にも起こることで、本当の原因ではないことの方が多いです。

当院でのアプローチ

当院では鵞足炎の発生状況、つまり「炎症がなぜ起こるのか」に着目し施術を行っています。

原因として考えられる事の他にも身体の中に原因となるものがある場合もありますし、日常生活動作に問題がある場合もあります。

施術は軽い刺激での手技施術です。

原因が明確になると症状の変化を感じることが出来ます。膝関節の痛みですが、膝以外の場所の施術も非常に重要です。

擦り傷の様に傷があれば別ですが、目に見えない痛みはすべての原因が痛みの部分にある訳ではないのです。

痛みが出るとどうしても痛いポイントに着目しがちですが、全身に目を向けると意外に改善が早いです。

症状の改善が思うように進んでいないのであれば、一度、相談してくださいね。

ご予約・お問い合わせは、今スグこちらへ!

電話番号 078-861-1151

お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

電話をかける
メールでのお問い合わせ

ページトップに戻る