ゴルフ肘の改善について

ゴルフ,イメージ

こんにちは、ちはや鍼灸接骨院の高橋です!

今回は、ゴルフ肘について分かりやすく解説していきますね。

ゴルフスイングは動作解析が進み、体型は違えど身体の使い方に数か所、重要なポイントがあることが分かってきています。

肘の痛みは、身体の使い方を修正し、スイング起動を安定させると再発が起こりにくくなります。

総称名が同じゴルフ肘と野球肘

肘の内側を上腕骨内側上顆と呼びます。

ゴルフのスイングを反復的に行うことによって肘関節周囲に起こる疼痛性疾患の総称です。

この定義は、野球肘と同じなのです。

反復動作が原因の疾患をオーバーユース症候群とも呼びますが、反復動作だけが原因ではありません。

ゴルフスイングと野球の投球動作は、同じ動きではないにもかかわらず同じ部分に痛みがでます。

しかし。痛みが同じところに出るからといって原因が一緒とは限らないのです。

2つのスポーツの違い

スイングの動きをイメージしてもらうと分かりやすいのですが、ゴルフと野球のスイングの動きは大きく違います。

どちらも最終的に手首などを不必要に使ってしまうところは同じなのですが、ゴルフはクラブの遠心力があるので手首などを使うと必ず肘関節や手首を痛めてしまいます。

そのため、安静だけでは再発しやすく、余計にフォームが崩れてしまい、ボールが飛びににくなります。

痛みを解消するには

ゴルフスイング,イメージ

当方では、クライアントのスイングチェックを必ず行います。

身体に痛みが出ている場合、身体にストレスのかかる動きを全身のどこかが行っています。

まずはそこに気づいていただけると、それだけでも痛みは減少します。

施術はきっかけで、クライアントの身体に合ったフォームでゴルフをして頂けるようにサポートすることがゴルフ肘の解消に大切なことと考えています。

当方のアプローチ

問診,イメージ

痛みの解消と身体にあったフォームに替えていくために、なるべくゴルフを続けてもらいながら施術を行うようにしています。

ゴルフをしながら痛みを確認し、怪我の功名を手に入れて頂けたらと思っています。

重要なのはゴルフ経験からくるスイングではなく、身体が求めているスイングと考えています。

ゴルフ肘のお悩みの方は、ぜひちはや鍼灸接骨院へご相談ください。

ゴルフ肘の解消を丁寧にサポートさせて頂きます。

以上、ゴルフ肘の改善についてでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ちはや鍼灸接骨院のご案内

住所:〒657-0054 兵庫県神戸市灘区稗原町2-3-20 エスペランス六甲101

アクセス:JR六甲道より徒歩5分 阪急六甲より徒歩9分 阪神新在家より徒歩9分

電話番号:078-861-1151

定休日:日曜日・祝祭日