膝関節疾患

膝関節十字靭帯損傷でお悩みの方へ

十字靭帯は状況把握を明確に行う必要がある疾患です。

固定や安静だけで治癒する疾患ではないので、状況に合った治療をオススメします。

広義の捻挫

靭帯損傷は捻挫として扱われます。

捻挫とは「関節に非生理的な外力が加わり発生する関節包または靭帯損傷」と定義されています。

病態は3段階に分類されています。

第1度:関節包・靭帯が引き伸ばされた状態で関節不安定性が殆どないもの

第2度:関節包・靭帯の部分断裂で、関節不安定性が中等度なもの

第3度:関節包・靭帯が完全損傷され、著しい関節不安定性があるもの

靭帯は引っ張ると徐々に伸張します。

引っ張りが収まると伸張を解消しますが、伸張が継続すればするほど靭帯にかかる荷重は増加し、最終的に靭帯は限界を迎え断裂します。

靭帯は伸張方向への対応は強く、剪断力に対する対応に弱い構造です。

その為、膝関節の様に関節の動作制限を靭帯に依存している為、重症化しやすい関節です。

靭帯損傷に伴う合併損傷は、半月板損傷と関節軟骨損傷が主で、前十字靭帯損傷が起因しています。

膝関節構造体を考える為には損傷靭帯が単独損傷なのか、単独損傷でも合併しやすい靭帯の損傷なのかで対策が変化します。

詳しくは膝関節捻挫のページをご覧ください。

関節内靭帯

前十字靭帯・後十字靭帯共に関節内靭帯です。

外側側副靭帯・内側側副靭帯は関節外靭帯で、修復能力が高いのが特徴ですが、関節内靭帯は靭帯中央部で損傷が起こった場合、修復能力が極端に低下します。

□ 前十字靭帯損傷は比較的多い疾患で、受傷機転が「接触型」と「非接触型」に分かれます。

【接触型】

コンタクトスポーツによる外反力・下腿外旋力により発症します。

他の靭帯損傷と合併することが多々あります。

【非接触型】

ジャンプ競技による大腿四頭筋の急激な収縮により発症します。

脛骨前方引き出し現象により発症します。

□ 後十字靭帯損傷は膝関節屈曲位での脛骨前面部打撲による脛骨後方押し込み現象により発症します。

交通事故での発症が多い疾患です。

関節内靭帯損傷は疼痛に個人差があり、患部を触る事が出来な為、圧痛はありません。

関節外靭帯損傷に比べ、関節内圧が高くなりやすく、関節血症が診られます。

関節血症は半月板損傷でも確認されるため、複合的検査により、どの靭帯がどの程度損傷しているかを把握する必要があります。

前十字靭帯損傷の治癒経過には抑えるべきポイントがあります。

損傷靭帯の修復能力が低い事

損傷が中等度以上になると保存療法でのスポーツ復帰に時間がかかる事

放置すれば二次的に半月板損傷を合併する事

合併すればスポーツ復帰の為には手術選択しかない事

これらを踏まえると前十字靭帯は手術を選択する事が多く、整体院・接骨院・鍼灸院では術後のアライメント調節が主になります。

後十字靭帯損傷の治癒経過は保存療法が主なので、受傷後すぐから施術できます。

当院が行う解消対策

膝関節十字靭帯損傷は施術前の状況把握がすべてと言ってもいいほど重要です。

判断を誤り、半月板損傷を合併しないように、当院でも明確な選択を行い、紹介状を記載の上で病院受診してもらうことが多くあります。

軽度の損傷でも現在行っているスポーツや怪我の既往により、選択は変化します。

診断された事に納得できない場合は放置せず、セカンドオピニオンへの受診をオススメします。

東洋医学では症状や疾患名にとらわれることなく全身状態を確認し、身体の中に隠れている使い方による患部の影響を紐解きます。

どんどん紐解いていくと「身体の歪み」「関節の圧縮率」「癒着」「皮膚の緊張」「内臓反射」「日常生活動作の偏り」などになります。

東洋医学のメリットは全身状態を把握している為、再発が非常に少ない事です。

十字靭帯損傷のストレスを感じ緊張している脳をリラックスできる環境にするとで、自然治癒力が正常化し日にち薬が適応されます。

少しでも動くようになると必要以上に気にしなくなり、日常生活動作がリハビリになります。

そんな状態を早期に作り、解消のサポートをします。

ちはや鍼灸接骨院 髙橋裕介