足部疾患

外反母趾でお悩みの方へ

悩んでいる人が多い疾患にも関わらず、解消した人が少ない疾患。

外反母趾にならざる負えなかった原因を探り、もう一度足の機能を獲得することで形も変化してきます。

外反した母趾・内反した中足骨

外反母趾は第一中足趾節関節で母趾が外反した変形の事を指します。

母趾が外反するには、第一中足骨のが内反が不可欠で横軸方向に拡大した開張足が付属します。

開張足に伴う足部の不安定感が増すことで母趾の爪は内方に回旋し、両足の爪が向かい合ったような変形に進行します。

母趾の変形は他の趾にも影響を与え、外方に押し出されることで鷲爪変形が起こります。

外反母趾の方すべてが有痛性ではなく、疼痛の原因も外反母趾による影響なのか開張足による影響なのかは判断が難しく、どちらも胼胝が出来るほど靴との相性が悪くなります。

人生を映し出す足

開張足・外反母趾・内反小趾・偏平足だけでなく、どのなたの足にも歴史があり、どんな生活を送ってきたかにより安定性も形も変化します。

特に外反母趾はハイヒールとの関連性があり、相性の悪いハイヒールを長時間履いていると外反母趾の進行が活性化されます。

母指の外反がある程度進行すると、種子骨を介して母趾先に付着する連合腱たちも外反母趾を進行させる働きに変化します。

これが外反母趾が解消しない原因の大きな一つになっています。

補助具による進行

解消対策の殆どがインソールなど補助具による補正だと思います。

この補助具の選択が非常に厄介で、外反母趾対策と銘打って販売していても何も対策されていない商品が多くあります。

必要以上に足底を盛り上げたり、高強度の素材を使用したり。

結局解消されず、補助具が原因で機能低下が進行している場合をよく見ます。

外反母趾になった理由と外反母趾を解消する為の対策に相互性が必要です。

補助具で機能を回復するのではなく、自分の意志で機能を高める事が重要です。

当院が行う解消対策

外反母趾は形の矯正よりも関節の遊びと趾の機能回復が重要です。

しっかりした立位・座位に参加できる足の機能が獲得できれば、形は少しずつ変化し、安定した足になります。

形は速効性を求めず、症状は速効性を求めて対策していきます。

東洋医学では症状や疾患名にとらわれることなく全身状態を確認し、身体の中に隠れている使い方による患部の影響を紐解きます。

どんどん紐解いていくと「身体の歪み」「関節の圧縮率」「癒着」「皮膚の緊張」「内臓反射」「日常生活動作の偏り」などになります。

東洋医学のメリットは全身状態を把握している為、再発が非常に少ない事です。

外反母趾のストレスを感じ緊張している脳をリラックスできる環境にするとで、自然治癒力が正常化し日にち薬が適応されます。

少しでも動くようになると必要以上に気にしなくなり、日常生活動作がリハビリになります。

そんな状態を早期に作り、解消のサポートをします。

ちはや鍼灸接骨院 髙橋裕介