肩関節部疾患

リトルリーガーズショルダーでお悩みの方へ

成長期、野球の投球動作により肩関節と肘関節の痛みに悩まされている選手が多くします。

リトルリーガーズショルダーは投球制限をして安静にしていると、再開時に庇った投げ方をする結果に繋がり、再発や野球肘を併発する可能性が高いため、安静以外の対策が必要です。

投球と成長

リトルリーガーズショルダーは別名、上腕骨近位骨端離開といいます。

成長に関係する骨端線部分の離開の為、投球時痛だけでなく、投球後痛もあり、症状が長期化すると疼痛も長期持続するようにになります。

痛みの場所が肩だけでなく上腕部にまで影響し、熱感も認めます。

この疾患は投げすぎだけで起こるのではなく、投球動作と成長時期がに強く影響します。

その為、投手だけでなく内野手や外野手でも発症します。

骨端離開は適切な処置を行う事で痛みは解消していきますが、投げ方の見直しを行う事で再発の防止も行えます。

投球解析

投球動作のコッキングからアクセラレーションの身体の使い方と、フォロースルーにより成長期で脆弱な骨端線部に「捻転力」「剪断力」「遠心力」がかかります。

現在、投球動作の解析が確立され、肩関節に負荷の少ない投げ方も分かってきています。

しかし、その投げ方は平成前半までの投げ方と違います。

小学生が出来る投げ方と、理想の投げ方には差があり、日常生活動作が未熟な状態で投球動作を確立するのは非常に難題です。

リトルリーガーズショルダーを発症する選手はグローブ側の胸の開きが早く、下半身の運動が横に流れる事で、コッキングの時からボールを投げる方向以外に体重移動している場合が多くあります。

手の大きさや重さ・ボールの持ち方・グローブの使い方など今の身体の成長に合わせた動きを再構築する必要があります。

その為、当院では投球動作は骨端離開によるすべり現象が起きていない限り禁止せず、少しでも投げてもらい、痛みのない投球動作を獲得していくようにしています。

当院が行う早期解消対策

投球禁止だからといって何もできないわけではありません。

今必要な対策は「捻転力」「剪断力」「遠心力」が金属疲労の様にかかっている肩関節のバランスを改善することと、投球動作の見直しです。

安静にして痛みが取れたとしても2つの要因は解消していません。

東洋医学では症状や疾患名にとらわれることなく全身状態を確認し、身体の中に隠れている使い方による患部の影響を紐解きます。

原因となる疾患にも原因があり、どんどん紐解いていくと「身体の歪み」「関節の圧縮率」「癒着」「皮膚の緊張」「内臓反射」「日常生活動作の偏り」などになります。

東洋医学のメリットは全身状態を把握している為、再発が非常に少ない事です。

肩関節のストレスを感じ緊張している脳をリラックスできる環境にするとで、自然治癒力が正常化し日にち薬が適応されます。

少しでも動くようになると必要以上に気にしなくなり、日常生活動作がリハビリになります。

そんな状態を早期に作り、解消のサポートをします。