足部疾患

種子骨障害でお悩みの方へ

足の機能と歩行改善により、再発なく解消する疾患です。

インソールだけでは根本的には解消できず歩行障害により再発するので、発症時に必ず対策しておくべきです。

必要な骨

一般的に種子骨は腱の走行が変わる場所に存在し、支点として働き、腱に対する圧力を制限し、摩擦による障害を防ぎます。

身体の中で一番有名な種子骨は膝蓋骨です。

母趾中足趾節関節の種子骨は母趾底側にある3つの内在筋(母趾外転筋・短母趾屈筋・母趾内転筋)の腱が合わさるプランタールプレート内に位置し、第一中足骨頭と関節を形成します。

種子骨は2つあり、内側種子骨は歩行時により多くの荷重がかかり、骨頭の関節溝は外側に比べて深く、種子骨を安定させています。

種子骨障害には、骨折・疲労骨折・分裂種子骨障害・骨軟骨炎・骨髄炎・骨関節症など、種子骨に起因する疼痛を伴う疾患の総称です。

母趾から見える影響

種子骨障害は内側種子骨に発症しやすく母趾球部の疼痛・腫脹が共通してみられます。

骨折・疲労骨折はスポーツ選手に多く、骨軟骨炎・骨関節症は若い女性に多いとされています。

これはヒールなど履物との関連性と母趾の形状の関連性によるものとされています。

対策は保存療法による、安静・免荷が基本で、インソールによるサポートを行う場合もあります。

当院が行う解消対策

母趾には種子骨障害以外に外反母趾強剛母趾が同関節部位痛として存在します。

外反母趾は関節内側部痛と内反変性

強剛母趾は関節背側部痛と屈曲拘縮

種子骨障害は関節底側部痛と場所が違います。

軽度の内反変性により外反母趾と勘違いしている場合もあるので、明確に分類し、対策する必要があります。

骨折と壊死が無い場合は施術による対策で解消しやすい疾患です。

東洋医学では症状や疾患名にとらわれることなく全身状態を確認し、身体の中に隠れている使い方による患部の影響を紐解きます。

どんどん紐解いていくと「身体の歪み」「関節の圧縮率」「癒着」「皮膚の緊張」「内臓反射」「日常生活動作の偏り」などになります。

東洋医学のメリットは全身状態を把握している為、再発が非常に少ない事です。

種子骨障害のストレスを感じ緊張している脳をリラックスできる環境にするとで、自然治癒力が正常化し日にち薬が適応されます。

少しでも動くようになると必要以上に気にしなくなり、日常生活動作がリハビリになります。

そんな状態を早期に作り、解消のサポートをします。

ちはや鍼灸接骨院 髙橋裕介