足首部疾患

足根洞症候群でお悩みの方へ

足首捻挫と間違えやすい疾患ですが、原因が分かっている為、対策をしっかりとれば解消します。

足根洞とは

足根洞は距踵関節の中・後関節間に位置する部位の事を指します。

屋根は距骨、床は踵骨によって形成され、骨間距踵靭帯によって結ばれています。

足根洞の外側開口部は距踵関節の滑膜と神経終末を含む脂肪組織からなり、その神経終末の数は一般の観察周囲組織に比べて、格段に多くみられます。

足の外傷による距踵関節の不安定性や炎症が洞内の神経終末を刺激して、疼痛や倦怠感などを引き起こすと考えられています。

捻挫の後遺症と履物

発症部位が足首捻挫に近い事から間違えやすい疾患です。

神経終末を刺激する為、疼痛以外にも不安定感や下腿外側の倦怠感やしびれ感などを訴える場合もあります。

殆どの場合が捻挫時に関節アライメントが崩れたままにしている事、ヒールなど履物による反復的刺激による関節アライメントの破綻が考えられます。

関節アライメントの破綻は足根洞周囲だけではなく下肢全体まで波及している事が多いので、発症部位のみの対策では効果は希薄です。

当院が行う解消対策

足根洞症候群は神経終末の刺激をコントロールで出来れば症状は解消します。

靴の形状や、座り方の癖などの見直しも必要ですが、原因となる関節アライメントを安定しれば再発も非常に少なく済みます。

東洋医学では症状や疾患名にとらわれることなく全身状態を確認し、身体の中に隠れている使い方による患部の影響を紐解きます。

どんどん紐解いていくと「身体の歪み」「関節の圧縮率」「癒着」「皮膚の緊張」「内臓反射」「日常生活動作の偏り」などになります。

東洋医学のメリットは全身状態を把握している為、再発が非常に少ない事です。

足根洞症候群のストレスを感じ緊張している脳をリラックスできる環境にするとで、自然治癒力が正常化し日にち薬が適応されます。

少しでも動くようになると必要以上に気にしなくなり、日常生活動作がリハビリになります。

そんな状態を早期に作り、解消のサポートをします

ちはや鍼灸接骨院 髙橋裕介