頚部疾患

頚椎ヘルニアでお悩みの方へ

ヘルニアを手術するべきか悩まれている方が非常に多くいます。

すべての症状には原因があり、ヘルニアが原因では無く結果です。

継続して症状が出る要因が分かれば当日から対策可能です。

椎間板ヘルニアとは

脊椎の中でもっとも動きの大きい部位が頚椎です。

加齢・変形・外傷などにより、可動域の大きい頚椎の椎間板線維輪に断裂が起こり、中心にある髄核が脱出します。

このことを椎間板ヘルニアと言います。

ヘルニアには脱出型と突出型があり、どちらもヘルニア自体は無症状です。

ヘルニアが椎間間隙の狭小化を起こし、椎間関節のアライメントを狂わします。

椎間板症や椎間板変性といいますが、この時点でも無症状の人は沢山います。

進行が進み頚椎症や変性脊柱管狭窄症へ移行しても無症状の人は沢山います。

理由は前述したように頚椎は脊柱の中で一番動きが多いな部分だからです。

腰椎の様に可動域制限がある関節では、運動に必要な可動範囲が変性を起こすとただちに発症します。

頚椎は可動範囲が非常に大きく、ストレス回避できる関節です。

頚椎椎間板ヘルニアの手術をしても結果が芳しくない人が多い理由は、関節に可動域制限をかけて腰椎化させたことが影響します。

ヘルニアが発症しやすい部位

頚椎椎間板ヘルニアは「頚椎5番6番の間」「頚椎4番5番の間」「頚椎6番7番の間」の順で発症頻度が高く、90%を占めます。

頚椎は7個の椎体から構成されており、前半の3つの椎体には影響がなく、後半の4つの椎体間に影響が出ます。

これは関節の可動範囲と直結しており、可動範囲が広いと発症しやすい事となります。

可動範囲が広い部分なので、対策を立てやすく、動きを確認していくと必ず症状が軽減する角度があります。

症状を解消する為には、症状が軽減する角度を見つける事から始まります。

性別・年齢よりも日常生活動作

頚椎椎間板ヘルニアは40歳代以降に多くなる疾患でしたが、昨今では20歳代でも症状に悩まれている方がいます。

原因を加齢・変形・外傷と定義していますが、日常生活動作でその程度関節を動かいているかで発症確率は大きく変わります。

椎間板は上下の椎骨の間にあり、クッションの役割をするとともに、脊柱全体のバランス機能もあります。

基本は上側の椎体が前方に移動する動作(首を前に倒す)を行う時に椎間板は後方に移動し、上側の椎体が後方に移動する動作(天井を見る)を行う時に椎間板は前方に移動します。

フライパンに油を万遍なくひく様に、椎間板を万遍なく使えているかで椎間板の柔軟性も変化し、硬化し、ヘルニアが起こりやすい状態を自ら作っている場合があります。

持続と一撃

ストレートネックや頚椎後弯の場合は椎間板が後方に変異し、ヘルニアになりやすい状態が出来上がっています。

そんな状態で、交通事故や寝違え、転倒やつまずきを繰り返すことで椎間板の線維輪に微細断裂が発症し、髄核が脱出しやすくなります。

椎間板(特に髄核)は筋肉と違い、断裂が起こっても修復がすぐに始まる訳ではなく、修復能力も非常に弱いので、少しの外力でも毎日繰り返していると(例えば髪の毛をくしでとく動作)、進行の一途をたどります。

突発的な症状出現としては交通事故、転倒などによる外傷による負荷、脊柱管狭窄を持ち合わせている年齢では歯医者の治療や美容院での洗髪、窓ふき作業などの頚椎伸展強制でも起こりえます。

持続的に行っている生活動作に対し、たまにしかしない動作が影響し発症します。

ただ、お伝えしたように、変形や変性により、椎間板ヘルニアになったとしてもすべての人が痛みやしびれで悩むことはありません。

ヘルニアにより神経が圧迫牽引を受けない限り症状は出現しません。

そして、殆どのヘルニアは体内のマクロファージが食べてくれるので3カ月もあれば消失します。

ただ、それでも症状が無くならない人、激痛で夜も横になれず寝れない人、首が動かせない人などはヘルニアと+αの疾患と日常生活動作を見極める必要があります。

自覚症状と手術

頚椎椎間板ヘルニアの自覚症状には肩こり・疼痛・不快感・重圧感などの不定愁訴よりも、しびれ・動作痛・放散痛・可動域制限・手指の巧緻運動障害など神経症状がストレスだと考えている人が多いと思います。

「ヘルニア=手術」のイメージかもしれませんが、手術の優先順位は低い疾患です。

そんな中でも即手術を行った方がいいヘルニア症状があります。

「膀胱直腸障害」と呼ばれるもので、排尿遅延や頻尿などの症状が顕著に感じられる場合は救急の受診をオススメしています。

それ以外の症状に関しては当院で検査をすることで、病院での精密検査が必要なのか、判断がつきますので安心してください。

当院が行う早期解消対策

重要なことは自覚症状の原因がヘルニア由来かどうかです。

頚椎脊柱症や脊柱管狭窄症などの中枢神経障害

胸郭出口症候群肘周囲の症候群などの末梢神経障害

これらすべてに疼痛や痺れが出現します。

脊髄腫瘍など一部施術を行えない疾患もありますが、殆どの神経症状は対策可能です。

世の中にはヘルニアがあっても無症状の人がたくさんいます。

原因となる疾患を取り除かなくても可動域を安定させることで症状を解消させることが出来ます。

東洋医学では症状や疾患名にとらわれることなく全身状態を確認し、身体の中に隠れている使い方による患部の影響を紐解きます。

原因となる疾患にも原因があり、どんどん紐解いていくと「身体の歪み」「関節の圧縮率」「癒着」「皮膚の緊張」「内臓反射」「日常生活動作の偏り」などになります。

東洋医学のメリットは全身状態を把握している為、再発が非常に少ない事です。

ヘルニアのストレスを感じ緊張している脳をリラックスできる環境にするとで、自然治癒力が正常化し日にち薬が適応されます。

少しでも動くようになると必要以上に気にしなくなり、日常生活動作がリハビリになります。

そんな状態を早期に作り、解消のサポートをします。

ちはや鍼灸接骨院 髙橋裕介