腰部疾患

坐骨神経痛でお悩みの方へ

状況把握していくと比較的短時間で症状は解消しますが、「病名によるとらわれ」「補助具の選択ミス」「日常生活動作見落とし」により雁字搦めにしています。

目の前にある症状に対して「自然治癒力がどうすれば効果的に作用するか」だけを考える、シンプルな思考を手に入れることが近道です。

坐骨神経の痛み

大きく分けて腰痛は「体性痛」と「根性痛」に分類されます。

【体性痛】

椎間関節・傍脊柱靭帯・傍脊柱筋・椎間板・硬膜などに分布する知覚神経終末が刺激されて起こる腰痛

【根性痛】

神経根への機械的圧迫牽引・化学的刺激が加わり神経根が炎症を起こした結果生じる腰痛・下肢痛

分類されてはいますが、「体性痛」の二次的症状として「根性痛」が起こる事も、「根性痛」の二次的症状として「体性痛」が起こる事も考えられます。

坐骨神経痛は「体性痛」でも「根性痛」でも起こる症状名で、病名ではありません。

引き起こす原因は他にあります。

坐骨神経の炎症と考えている人もいますが、もしそうであれば名称は坐骨神経炎です。

頭痛・腰痛・肩痛など部位や関節名の後に痛みが付く名称は「○○関節付近に痛みを感じている自覚症状がある」という事です。

これは診断名でもなんでもありません。

坐骨神経が走行している部位に痛みがあれば坐骨神経痛ですし、臀部痛やハムストリング部痛も同名です。

坐骨神経痛は坐骨神経部痛です。

「痛み」と「痺れ」

坐骨神経部痛を訴える場合、2パターンあります。

「痛みや張りを感じているケース」「プラスαで痺れも感じているケース」です。

痺れが出ていると重症のイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。

坐骨神経部痛は結果で、原因があります。

ストレッチをして坐骨神経部が突っ張ったり痛んだりするように、一時的にストレスを感じることは異常ではなく、継続的な事が問題です。

全ての疾患に言えることですが、原因ポイントと日常生活動作によって痛みや痺れの有無が決まります。

疾患名に惑わされない

椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」「分離症」「すべり症」など画像所見により異常が確認できる疾患名が坐骨神経部痛の原因だと言われています。

しかし「疾患名=原因」ではありません。

疾患一つ一つにも、発症原因があり、疾患名が分かったとしても解決策が出たわけではありません。

そして画像所見で異常が確認される全ての疾患に無症状の人が存在します。

重症化して膀胱直腸障害が出ている場合は手術を視野に入れる必要がありますが、それ以外の場合は保存療法が最適です。

理由は根本的原因の解消ではなく、結果的に起こった物質の除去をしただけなので再発の可能性を含んでいるからです。

身体に起こる症状全てに理由があります。

激痛でも鈍痛でも長期的に続くのであれば自然治癒力の低下が影響しています。

対策しやすい症状

坐骨神経部におこる症状は、画像所見で異常が見られた疾患でもそうでない疾患でも対策しやすく、解消しやすい症状です。

長期的に症状に悩んでいる人もいますが、対策方法が間違っているだけです。

対策は自然治癒力が効果的に作用する身体に戻す事です。

そも為には施術以外にも、今行っている日常生活動作の癖を新しい癖に変更する事も大切です。

施術をしても2・3日で症状が悪化する人などは施術方法より、生活動作の見直しが解決の近道です。

疾患に惑わされず、今ある症状の対策をシンプルに考えるとゴールは近くにあります。

当院が行う解消対策

坐骨神経痛は殆どの場合、腰部の影響よりも臀部の影響を受けています。

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなど腰部に異常所見があったとしても、原因は1つではありません。

そして坐骨神経痛は普段運動をしていない人が過度に運動を行った場合にも出現します。

この場合は筋肉の異常収縮により出現しているので、3日程度で解消します。

様々な状況を踏まえて、臀部から下肢にかけての筋肉の異常収縮が起こる身体の歪みを取り除くことが早期解消のポイントになります。

東洋医学では症状や疾患名にとらわれることなく全身状態を確認し、身体の中に隠れている使い方による患部の影響を紐解きます。

どんどん紐解いていくと「身体の歪み」「関節の圧縮率」「癒着」「皮膚の緊張」「内臓反射」「日常生活動作の偏り」などになります。

東洋医学のメリットは全身状態を把握している為、再発が非常に少ない事です。

坐骨神経痛のストレスを感じ緊張している脳をリラックスできる環境にするとで、自然治癒力が正常化し日にち薬が適応されます。

少しでも動くようになると必要以上に気にしなくなり、日常生活動作がリハビリになります。

そんな状態を早期に作り、解消のサポートをします。

ちはや鍼灸接骨院 髙橋裕介