BESS神戸に行く!

そんなこんなでBESS神戸へ

行ったのは2015年1月なので、記憶もあやふやだけど、行った瞬間マイホームの購買欲が出たのは鮮明に覚える。

何が良かったのか?

僕は天邪鬼なので、人と同じもの、人がいいと言うものは殆ど疑いから入る

BESSもそう。

僕がよく読む雑誌に広告してるぐらいだから、そこそこ他のハウスメーカーと魅せ方が違う程度だろうと思ってた。

住宅展示場は基本魅せ方重視、リアルじゃないと思ってた。

そんな中で購買意欲に火がついたのは暖炉の暖かさと、作り込みの少ない構造

この辺をイメージしやすい魅せ方に共感

自分がどんな住まいを求めているのか具体性が持てたんです。

暖炉は維持、メンテナンスを考えても、自分の中では許容範囲だと実感

作り込みは調整可能だと知り、建設後も楽しみが増えるなと実感

この時が僕のBESS熱はマックスでしたね!

住宅ローンの話や、土地の話も聞いて急にイメージしやすくなったし^^

この時点ではね。。。

日を改めて新築入居前のワンダーデバイス見に行ったりしましたよー

たけど、なんだか見れば見る程、見慣れて、普通に思えて来て、土地も無いしイメージが崩れて、熱が冷めていきましたよ

高額なんで、どうしても自分の中で特別感が欲しい

BESSを建てた人は素晴らしい人が多く、ブログを書いてる人が沢山いらっしゃって色々なブログ読ませてもらいました。

非常に参考になって、マイホームを持つことの大変さも分かったような感じに現時点ではなってました。

(実際、マイホーム建築最中は楽しさより不安や焦りが考えていたより凄かったっす・・・)

BESSの家に満足感がある人は人生楽しんでる人で、文句言ってる人は理想と現実のギャップに完全にやられてる人

楽しい人生のパートナーとして、BESSするにはまだまだ金額が高すぎだし、薪ストーブは近隣住民の理解が無いと、自分勝手には難しい

そんなこんなでBESSは諦める事に

結果、この采配が吉と出たんだけど、当時はマイホーム熱もスッカラカンになる程でした。

The following two tabs change content below.
「日日是好日」を更新しています。

最新記事 by CHIHAYAKOBE (全て見る)