新居建設に必要な大工さんとの関わり

新居を建築に当たり、様々な人にサポートをお願いする様になります。

自分で設計して、自分で建てるんやーってハイブリッドな羨ましい方以外は絶対人の繋がりが必要になります。

簡単に

建築士さん

大工さん

電気屋さん

ガス屋さん

水道屋さん

サッシ屋さん

左官屋さん

材木屋さん

鉄屋さん

基礎屋さん

銀行さん

不動産屋さん

などなど、

どのお方も切っては切れないご縁ですが、家を建てるに当たって、本当に助かった事は「ちょっとしたミスでも報告してくれる大工さん」です。

みんな人ですので、失敗は付き物

いくら、本職やからと行っても、失敗する事はある。

ただ、

今はその失敗を報告せずにどんどん建築を進めて行く事が多いそう。

特に木造二階建ての様に審査が軽い建物を建てようとする方は注意

どんな所が助かったか、ちょこっと書きます。

建築士の暴走を食い止めれる。

設計図の強度が足りなかった。

そもそも土地の測量が間違ってた。

その為、何度も図面の書き直し

そこにかかるコストは普段なら施主持ち

何か不手際があれば、建築にはよくある事で話を通す。

これ、本来なら施主には全く伝えられません。

マジです。

色々、聞きましたが、分かるのは10年後に何処かやり直す時だったりするそうです。

では何故、ウチは大工さんが教えてくれたのか?

それは先に大工さんを見つけていたから。

大体、設計士さんを先に見つけると思いますが、設計士さんお抱えの大工さんだと上の内容は入ってこない場合が多々あるそうです。

知らぬが仏なんですかね

外観や見栄えばかり気にしていると、結局出来た時にとんでもないものが出来上がって、住みにくくなったり、思ってたのと違うって事になります。

思ってたのと違うは建築に対しては付き物

開き直って言うと施主は建築に関して素人だから

建築士さんとは家が完成までのお付き合い

大工さんとは修繕を含め一生のお付き合い

僕は素敵な大工に出会えた事で安心して家に住めるんだーーー

The following two tabs change content below.
「日日是好日」を更新しています。

最新記事 by CHIHAYAKOBE (全て見る)