10年後の自分

無料での情報が溢れている昨今

非常に勉強になるものや、これは間違ってないかと考えさせられるものが様々あって、何がなんだか訳ワカメでございます。

そんな中で「いい経営者は10年後のビジョンが明確に見えている」とおっしゃる言葉に目が留まる。

「10年後かぁ」と考える私

勿論、自分の10年後と会社の10年後のビジョンは違うわけで

10年経てば間違いなく年齢は一桁上がるし、必然的に健康の重要性をもっと感じるはず。

ただそんな枝先の考えではなくって、10年後も毎日楽しくハッピーに生きているビジョンが出来ているかが重要だと感じるパーティーピーポーな私。

毎日楽しくハッピーを自分ひとりなのか、家族範囲なのか、街単位なのが、日本単位なのか、世界単位なのか?

私の場合は仕事は街単位、人生では世界単位だと現時点では想って行動している。

仕事も世界単位になればいいんだけど、仕事は街の活性化に活用したいなんて立派そうな想いもある。

人生は世界単位で価値観を広げる事、永遠と刺激が欲しい。

その為に私は人生を楽しんでいる。

まさにパーティーピーポー

10年後のビジョンは明確な方がいいと言うが、鋭利なビジョンは軌道修正が効きにくい場合もあるのではないか。

楽しめる要素と面白い要素の比重が絶対大切と考えた私。

楽しいより面白いが上回っていることを良しとしている。

その為には自分が何の目的があって生まれてきたのかを知る必要がある。

自分の特性を知る必要がある。

自分自身でカウンセリングしている気持ち悪い男である。

精神的に辛い人は面白い人生ではない。

面白い人生にするきっかけを作ることは皆平等にあると考えている。

「どう行動するか」

他人の行動まで責任は持てないが、自分の行動はしっかり責任持ちたい。

しっかりお尻を拭いて、水を流して退席したい。

他人の拭いはしない。

だって自分自身で最終ジャッチを下さないと充実感が無くし、失敗を他人のせいにする。

10年、3650日、87600時間、5256000分

面白いことをいくつ作るのかは自分自身だ。

だからパーティーピーポーなのか

自問自答はまだまだ続く

The following two tabs change content below.
「日日是好日」を更新しています。

最新記事 by CHIHAYAKOBE (全て見る)